この地球で母とのお別れ

2022年4月6日の朝、母 中村多津子が他界いたしました。

73歳でした。

本当に急なことでした。

母は鹿児島市内で一人暮らしをしていたのですが、2022年4月6日の朝、妹たちが逢う約束をしていたそうなのですが、連絡しても繋がらず、

母の自宅に義弟が駆けつけたときは、すでに息を引き取っていたとのことでした。

母が亡くなった朝、わたしは母とLINEでやりとりをしていました。

わたしとのLINEとのやりとりを終えた30分後くらいに息を引き取ったようです。

亡くなった原因は大動脈解離でこの病気は症状が一瞬のうちに起こるため、病院にたどり着く前に50%の人が亡くなると言われているそうです。

わたしの敬愛するシンガーソングライターの大滝詠一さんも同じような症状で他界されたようです。

母が他界し、1週間ほど経ち、ようやくこうしてみなさまにブログでお知らせできる力が湧いてきました。

ありがたいです。

最後の母のLINEのやりとりでは、こんな文章が殘されています。

『73年閒生きてきて、振り返れば、思い当たること、たくさんたくさんあります。

これからに、生かしていきたいと思っています。』

愛する母。

優しい母。

無償の愛で、わたしを本当に愛してくれていた母。

本当にさみしいですが、

母が殘してくれた、たくさんのたくさんの愛を受け継ぎ、

この地球で、ますます愛と喜びとしあわせを広げて生きていきます。

母 中村多津子は鹿児島県南九州市頴娃町の石垣で『平和旅館』という名の旅館を営んでいた両親の元で育ち、大学を卒業してすぐに小学校の教員として働き始め、結婚して、長男のわたしが生まれ、弟が生まれ、妹が生まれ、3人の子どもを育て上げ、小学校の教員として天職を全ういたしました。

母が存命中は、ご緣のあられたみなさまに本当にお世話になりました。

みなさまに感謝申し上げます。

添付させていただいたお写真は、故郷の頴娃町石垣で撮影した母の父のじいちゃんと母とわたしです。

お母さん、本当にありがとう。

お母さんに、感謝いっぱいです。

ありがとうございます。

 

ベジタリアンハンバーガー

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

今朝、宇宙一の妻がベジタリアン仕樣のハンバーガーを使ってくださいました。

プラントベースチーズといれるチーズを使用しておりました。

鹿児島市内で購入してきたパンに、わたしが育てたルッコラや、他にもトマト、レタス、新玉ねぎも挟んでおりました。

このプラントベースチーズは、ココナッツオイルやでん粉などが使われており、乳製品は一切使われておりません。

ビオライフというメーカーのもので、このプラントベースチーズは、ギリシャで作られたものだそうです。

姶良市のイオンで購入しました。

遠くの国、ギリシャから、はるばる鹿児島の姶良市まで來てくださり、ありがたいです。

長年、食養、マクロビオテックを独学で学び、日々、玄米ごはんとお味噌汁をベースに、基本、ビーガン、ベジタリアンのわたくし。

こんなベジタリアンハンバーガーがいただけて、最高でした。

妻の愛がたくさんで、とてもおいしかったです。

プラントベースチーズは「普通のチーズです。」と出されて食べたとしても、多分氣づかないだろうなというほど、チーズ味でした。

後味はさわやかでライトな感じでした。

波動が軽い感じですね。

ベジタリアンハンバーガーと一緒にいただいたお飲み物は、三年番茶にオーガニックのショウガを入れていただきました。

また、おいしいベジタリアンハンバーガーをいただける日を樂しみに、ますます人生を樂しんでいきます。

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

母校の別府小学校へ

鹿児島県南九州市頴娃町にある、わたくしの母校『別府小学校』へ行ってきました。今年、別府小学校は創立150周年だそうです。現在の校長先生に150周年記念の書を頼まれていて、今年の元旦の日の朝に狙いを定めて書かせていただいた書を、本日の午前中、校長先生に直接お渡ししてきました。

大人になり、初めて入る校長室。歴代の校長先生のお写真がずらーっと飾ってあり、感動いたしました。お写真を拝見しながら、別府小学校150年の歴史を感じることができました。昔の薩摩藩士で、内閣総理大臣もされた松方正義先生の書も飾ってありました。

この日、妻と車で姶良市から頴娃町に着いた頃、晴れたんです。去年、他界したタキばあちゃんが喜んでいるのかもなと想いました。ばあちゃんは生まれてからずっと頴娃町の石垣で平和旅館を営んだりして、90歳を超えても働きながら暮らしていました。たくさんの人に愛されていました。今では、ばあちゃんを尊敬しています。

ありがたいことに、この日は宇宙一の妻と妻のご両親もいっしょに伺いました。妻と最初に出逢ったのは鹿児島市の黎明館だったのですが、偶然、妻のお父さんもここの別府小学校のご出身だったのです。お父さんは、別府小学校の近くで営業をされている喫茶店『くろんぼ』のマスターのお兄さまにあたります。

そして、すでに他界されていますが、妻のお父さんの方のおじいさまは、別府地区公民館の館長をされていました。この別府地区公民館で小学生や中学生のときに書の練習や書の創作をさせていただき、妻のおじいさまにお世話になっていました。

いろんな不思議な、ありがたきご緣があり、鹿児島市内で妻と出逢い、2011年に結婚をして、こうして妻と、妻のご両親といっしょに母校の別府小学校に來れたことは、本当にありがたいことだと想いました。別府小学校に書をお渡しできて、本当にうれしいです。ご先祖さまも喜んでいらっしゃると想います。

2014年より、現在、姶良市にて暮らしていますが、離れているからこそ故郷の頴娃町の素晴らしさがより明確になりました。そして別府小学校の校庭から見える開聞岳がこんなにも素晴らしく美しかったんだと、あらためて感動いたしました。子どものときには当たり前だった開聞岳が大変素晴らしい景色。大人になり、氣づきをいただき、わたくしテツロウハナサカは素晴らしい美しいところで育ち、自然に恵まれ、そして人に恵まれ、大人になったんだと想い、うれしい、ありがたい氣持ちになりました。故郷はわたしの宝です。今回、いっしょに行ってくださった妻のご両親と宇宙一の妻に感謝しています。

感謝いっぱい。ありがとうございます。