オーガニックフェスタかごしま2022

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

今日は『オーガニックフェスタかごしま2022』でライブ出演でした。

今夜、ブログを書く元氣が出ました。

なぜなら、今日は友人のトモヒロンドンがライブ会場に來てくれて、先ほど素晴らしいお写真を贈ってくれたからです。

そして、『この写真を使ってブログを書くぞー。』となり、こうして今、ブログを書く元氣が出ているところです。

友だちって本当にありがたく、本当に素晴らしいですね。

お互い音樂を愛するわたしとトモヒロンドン。

トモヒロンドンありがとう。

今朝は雨が降っておりましたが、ありがたいことにライブ出演の時は晴れてくださいました。

15時頃のことでした。

最高な、さわやかな青空の下で、美しく飾られたステージ、美しき錦江湾と美しき櫻島を身近に感じながらのライブ演奏は、鹿児島で育ったわたくしにとって最高にしあわせなライブ環境でございました。

1曲目は『土ある暮らし』

2曲目は『あおいそら』

3曲目は『しあわせのはな』を歌わせていただきました。

全曲オリジナルソングでございます。

2曲目の『あおいそら』は新曲で、今年の4月に母が他界した後に生まれた曲です。

母のことを思いながら歌わせていただきました。

今こうして生きる素晴らしさ。

いろんな生命の素晴らしさ。

今、こうして生きて、こうして元氣に歌えることに感謝して。

おかげさまで、みなさんの元氣な笑顔からわたくしは元氣をいただき、元氣に歌えました。

オーガニックフェスタかごしまの実行委員のみなさんのお力、お客さまのみなさんのお力、見えないお力、ご先祖さまのお力、自然のお力、錦江湾のお力、櫻島のお力、たくさんのたくさんのみなさんのお力で歌わせていただきました。

感謝申し上げます。

寅年生まれのわたくし、今年48歳。

生きているといろいろあるけど、歌い續けてきて良かったです。

母もばあちゃんもシロもきっと喜んでいます。

生きるって素晴らしいです。

これからもテツロウハナサカを、ますますどうぞよろしくお願いいたします。

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

梅山ギャラクシーでギター教室

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

明日はギター教室をすることになりました。

近所の姶良市にお住まいの大学生の男性で、1対1でのギター教室です。

 

昨日は霧島アートの森の湧水マルシェであおぞら書道教室をさせていただき、明日はうちのギャラリーでギター教室。

どちらも頼まれごとで生まれたお仕事ですが、ますます樂しんでお仕事をしたいと想います。

 

うちの母は小学校の教員でした。

こうしてみなさまに教えるお仕事をさせていただけるご緣をいただいているのも、母のおかげ、母からの影響が大きいのかもしれません。

ますます母への感謝の氣持ちが深まります。

 

今日の夕方、久しぶりに母が他界してから生まれた新曲『あおいそら』を一人で歌いました。

今年の夏頃は、母のことを思い出しすぎてか、この曲をしばらく歌えなくなっていたのですが、久しぶりに歌ったら、今日はなんだか氣持ちよく歌えました。

うれしかったです。

この曲を、今月か來月のライブで歌えることができるかもしれないと想いました。

そして、この曲をいつかCDにできたらいいなとも想いました。

 

このあと、大好きなオアシスを聴いて、妻といっしょに夕食をいただき、歌を歌えること、ギターを弾けることはうれしい人生だなとあらためて想う夜です。

 

添付させていただいたお写真は、2018年の今日の日に撮影したものです。

いとこの子にギターを教えているところです。

場所は鹿児島市の和田。

母といっしょに車で行ったことが思い出されます。

ギターに出逢えて良かったです。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

小さなお店を始めます。

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

ブログを讀んでくださっているみなさん、お久しぶりです。

母の他界の記事を今年の4月に書いて以來の更新となりました。

 

なんとわたくし、小さなお店を始めることになりました。

自分でもびっくりの展開なのですが、人生なにが起きるかわかりませんね。

だからこそ人生って素晴らしいものですね。

 

いきなりですが、お店の名前を発表させていただきます。

Birdsongです。

バードソング。

鳥の歌。

 

3ヶ月ほど、いろいろ考えました。

やっと決まったときはうれしかったことが思い出されます。

Birdsong、どうぞよろしくお願いいたします。

 

開店日は今月の11月10日の木曜日です。

営業時閒は、朝の10時頃から日没頃までです。

開店と閉店のきちっとしたオープン時閒はもうけない営業スタイルで行こうと思っております。

だいたいで行きます。

おおまかに朝から夕方くらいまでです。

百姓スタイルのお店です。

 

開店する日は基本、週一回の木曜日のみからとさせていただく予定ですが、徐々に開店日を増やしたい氣持ちはあります。

 

百姓スタイルのお店ですので、雨や雪の日、嵐の日はお休みとさせていただく可能性もあります。

そしてわたくしの芸術活動の書道や音樂、ライブ出演が重なったときはお休みになることもあると思いますので、その際はここのブログかSNSでお知らせさせていただく予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

お店の場所は、森のかぞく 姶良店の入り口あたりとなります。

森のかぞく 姶良店      https://morikazo.com/aira/

 

わたしの暮らす姶良市にBirdsongはあります。

目の前にはパン屋さんのカナンがあり、イオンタウン姶良も近いです。

 

Birdsongはもともと森のかぞく 姶良店がスムージーやお飲物などを提供するスタンドとして設置された建物だったそうなのですが、ここでわたくしがお店に立たせていただくありがたいご緣をいただきました。

昨年の12月末のことでした。

あれから、うちの母の他界が4月にあり、一昨年の9月には母の母のタキばあちゃんの他界もあり、ここ数年で、人生最大のさみしさを体験したわたくし。

こんななか、なかなかお店のことが進まず、みなさまにはだいぶお待たせさせてしまいましたが、ようやく今月開店できそうで、大変うれしくありがたく思っております。

 

お店はわたくしテツロウハナサカが基本一人で立っております。

メニューは、とりあえず、わたくしが小さな焙煎機で焙煎した、ハンドロースト(手焙煎)のホットコーヒーのみです。

手作業で焙煎できるコーヒー豆は少量ですので、大量に作ることができません。

なので、ご提供できるコーヒーに限りがあります。

ご了承ください。

ホットコーヒーのみで始まるお店Birdsongですが、これからどう進化していくのがまだまだわたしも未知数です。

 

Birdsongでわたしがとにかく大事にしたいことは人との出逢い、交流です。

そして愛です。

リアルな人との交流。

共振の場。

笑顔があふれる場。

ここから平和が始まる場。

愛がひろがる場。

 

故郷の頴娃町で、平和旅館という旅館を営んでいた、うちのタキばあちゃんの宝のお言葉

『みんななかよく』

を自然とひろげられるお店になったら最高にうれしいです。

 

実は先月の10月30日(日)、ブログやSNSでの告知は一切行わずに、プレオープンをさせていただきました。

静かなプレオープンの日となりました。

一人でお店に立ちました。

わたしは小さな小舟に乗って、海に出たような氣持ちになりました。

しかもその小舟にはモーターは付いておらず、手漕ぎの感じでした。

カヌーのような感じでした。

 

ようやく一人で小舟に乗って、海に出て、漕ぎ出すことができた、そんな感じでした。

 

添付させていただいたお写真はプレオープンした日のものです。

 

鳥の歌。

バードソング。

歌といえば、今月は鹿児島市で開催される『生命のまつり』と『オーガニックフェスタかごしま』にライブ出演が決定しておりますので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

そうです。

あさって文化の日は霧島アートの森で開催される『アートの日マルシェ』で書道出店です。

今年は書道のワークショップを頼まれましたので、小さな書道教室をさせていただきます。

こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

 

お店のお話しがあったとき、母がとても喜んでいました。

不思議なくらい、本当に喜んでいました。

今、母もとても喜んでいると想います。

そしてうちの弟の太門や妹の桜も喜んでいるようです。

 

みなさま、Birdsongでお逢いできることを樂しみにしております。

 

いよいよBirdsong、始まります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

この地球で母とのお別れ

2022年4月6日の朝、母 中村多津子が他界いたしました。

73歳でした。

本当に急なことでした。

母は鹿児島市内で一人暮らしをしていたのですが、2022年4月6日の朝、妹たちが逢う約束をしていたそうなのですが、連絡しても繋がらず、

母の自宅に義弟が駆けつけたときは、すでに息を引き取っていたとのことでした。

母が亡くなった朝、わたしは母とLINEでやりとりをしていました。

わたしとのLINEとのやりとりを終えた30分後くらいに息を引き取ったようです。

亡くなった原因は大動脈解離でこの病気は症状が一瞬のうちに起こるため、病院にたどり着く前に50%の人が亡くなると言われているそうです。

わたしの敬愛するシンガーソングライターの大滝詠一さんも同じような症状で他界されたようです。

母が他界し、1週間ほど経ち、ようやくこうしてみなさまにブログでお知らせできる力が湧いてきました。

ありがたいです。

最後の母のLINEのやりとりでは、こんな文章が殘されています。

『73年閒生きてきて、振り返れば、思い当たること、たくさんたくさんあります。

これからに、生かしていきたいと思っています。』

愛する母。

優しい母。

無償の愛で、わたしを本当に愛してくれていた母。

本当にさみしいですが、

母が殘してくれた、たくさんのたくさんの愛を受け継ぎ、

この地球で、ますます愛と喜びとしあわせを広げて生きていきます。

母 中村多津子は鹿児島県南九州市頴娃町の石垣で『平和旅館』という名の旅館を営んでいた両親の元で育ち、大学を卒業してすぐに小学校の教員として働き始め、結婚して、長男のわたしが生まれ、弟が生まれ、妹が生まれ、3人の子どもを育て上げ、小学校の教員として天職を全ういたしました。

母が存命中は、ご緣のあられたみなさまに本当にお世話になりました。

みなさまに感謝申し上げます。

添付させていただいたお写真は、故郷の頴娃町石垣で撮影した母の父のじいちゃんと母とわたしです。

お母さん、本当にありがとう。

お母さんに、感謝いっぱいです。

ありがとうございます。

 

ベジタリアンハンバーガー

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

今朝、宇宙一の妻がベジタリアン仕樣のハンバーガーを使ってくださいました。

プラントベースチーズといれるチーズを使用しておりました。

鹿児島市内で購入してきたパンに、わたしが育てたルッコラや、他にもトマト、レタス、新玉ねぎも挟んでおりました。

このプラントベースチーズは、ココナッツオイルやでん粉などが使われており、乳製品は一切使われておりません。

ビオライフというメーカーのもので、このプラントベースチーズは、ギリシャで作られたものだそうです。

姶良市のイオンで購入しました。

遠くの国、ギリシャから、はるばる鹿児島の姶良市まで來てくださり、ありがたいです。

長年、食養、マクロビオテックを独学で学び、日々、玄米ごはんとお味噌汁をベースに、基本、ビーガン、ベジタリアンのわたくし。

こんなベジタリアンハンバーガーがいただけて、最高でした。

妻の愛がたくさんで、とてもおいしかったです。

プラントベースチーズは「普通のチーズです。」と出されて食べたとしても、多分氣づかないだろうなというほど、チーズ味でした。

後味はさわやかでライトな感じでした。

波動が軽い感じですね。

ベジタリアンハンバーガーと一緒にいただいたお飲み物は、三年番茶にオーガニックのショウガを入れていただきました。

また、おいしいベジタリアンハンバーガーをいただける日を樂しみに、ますます人生を樂しんでいきます。

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

母校の別府小学校へ

鹿児島県南九州市頴娃町にある、わたくしの母校『別府小学校』へ行ってきました。今年、別府小学校は創立150周年だそうです。現在の校長先生に150周年記念の書を頼まれていて、今年の元旦の日の朝に狙いを定めて書かせていただいた書を、本日の午前中、校長先生に直接お渡ししてきました。

大人になり、初めて入る校長室。歴代の校長先生のお写真がずらーっと飾ってあり、感動いたしました。お写真を拝見しながら、別府小学校150年の歴史を感じることができました。昔の薩摩藩士で、内閣総理大臣もされた松方正義先生の書も飾ってありました。

この日、妻と車で姶良市から頴娃町に着いた頃、晴れたんです。去年、他界したタキばあちゃんが喜んでいるのかもなと想いました。ばあちゃんは生まれてからずっと頴娃町の石垣で平和旅館を営んだりして、90歳を超えても働きながら暮らしていました。たくさんの人に愛されていました。今では、ばあちゃんを尊敬しています。

ありがたいことに、この日は宇宙一の妻と妻のご両親もいっしょに伺いました。妻と最初に出逢ったのは鹿児島市の黎明館だったのですが、偶然、妻のお父さんもここの別府小学校のご出身だったのです。お父さんは、別府小学校の近くで営業をされている喫茶店『くろんぼ』のマスターのお兄さまにあたります。

そして、すでに他界されていますが、妻のお父さんの方のおじいさまは、別府地区公民館の館長をされていました。この別府地区公民館で小学生や中学生のときに書の練習や書の創作をさせていただき、妻のおじいさまにお世話になっていました。

いろんな不思議な、ありがたきご緣があり、鹿児島市内で妻と出逢い、2011年に結婚をして、こうして妻と、妻のご両親といっしょに母校の別府小学校に來れたことは、本当にありがたいことだと想いました。別府小学校に書をお渡しできて、本当にうれしいです。ご先祖さまも喜んでいらっしゃると想います。

2014年より、現在、姶良市にて暮らしていますが、離れているからこそ故郷の頴娃町の素晴らしさがより明確になりました。そして別府小学校の校庭から見える開聞岳がこんなにも素晴らしく美しかったんだと、あらためて感動いたしました。子どものときには当たり前だった開聞岳が大変素晴らしい景色。大人になり、氣づきをいただき、わたくしテツロウハナサカは素晴らしい美しいところで育ち、自然に恵まれ、そして人に恵まれ、大人になったんだと想い、うれしい、ありがたい氣持ちになりました。故郷はわたしの宝です。今回、いっしょに行ってくださった妻のご両親と宇宙一の妻に感謝しています。

感謝いっぱい。ありがとうございます。

 

 

 

おもしろ扇風機

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日は10月13日。

10月なのに、ここ最近暑い日が續いていますね。

 

うちで使っている一台の扇風機。

ここ最近、扇風機を回して使っていても、あまり風がこないと思っていました。

數年前に母にいただいた扇風機だったのですが、

この扇風機は『自然な風が吹く感じ』のものであり、

一番強く風が吹く設定にしても、

おだやかな、優しい感じの風が吹く、

最新式的な、

扇風機だったのかもしれないと、ここ最近は想いこんでいました。

 

まぁこんなもんだろうと、

このまま使い續けていました。

 

そして本日。

もしかしたら。。。

 

ようやく、わたくしは、

しっかりと、じっくりと、この扇風機の羽根を見てみたのです。

 

『羽根が逆方向に付いている。。。』

『ということは、当たり前だが、扇風機の風が逆方向に吹いていたのだ。。。』

 

夕方帰宅した宇宙一の妻に、この扇風機のことをお話しました。

今年の8月頃に扇風機の羽根を外してお掃除をしたそうで、

お掃除した羽根を、再び取り付けたとのことでした。

 

ということは、2ヶ月ほどの長期にわたり、逆方向に風が吹いている扇風機を使い續けていたということなのか。。。

 

扇風機の羽根を逆方向に取り付けた妻。

そして、こんなにも長く、この扇風機の羽根のことに氣づかなかった、わたし。

 

もうなんだか、

笑ってしまいました。

 

ここ最近の連日の暑さ。

扇風機を回しても、部屋があまり涼しくならないなーと思っていたのですが、

それはまぁそうですよね。

扇風機の風が反対方向に吹いていたのですから。

 

facebookなどのSNSを2011年から使い始め、

最近ではあまりSNSを使わなくなり、

ブログの更新も久しぶりになりましたが、

みなさん、お元氣ですか。

おかげさまで、わたしは元氣です。

 

書の作品も、日々書きためていますので、そろそろネット上にアップしたいところです。

今月末のばあちゃんの四十九日が終わったら、氣持ちもだいぶ落ち着いてくるのかな。

 

平和な日々に感謝です。

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

笑顔の石

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

今日は久しぶりに2014年に生まれたオリジナル曲の『風と歩けば』を、

アコースティックギターを爪弾きながら、

一人、家で歌いました。

風の時代ですね。

先日、故郷、頴娃町の海に行ってきました。

わたしが子どもの頃から、よく遊んだ石垣集落にあるビーチへ。

外海独特の素晴らしい開放感があり、

そして開聞岳が美しく眺めることのできる、

そんなステキなビーチ。

わたしは勝手に『石垣ビーチ』と呼んでいます。

2018年の10月に他界したラブラドール・レトリバーの『シロ』も大好きだったビーチ。

ここの石垣ビーチの砂浜を一人、歩いていたら、

一つの石がわたしの目に飛び込んできました。

拾い上げると、

帽子をかぶった顔のように見えました。

しかも、優しく笑っています。

素晴らしいギフトをいただたと想い、

姶良市の自宅に持ち帰らせていただきました。

數日経ってみても、やっぱり不思議な石。

優しい笑顔の石。

石垣集落で拾った石。

わたしの好きな歌はボブ・ディランの『ライク・ア・ローリングストーン』

転がる石のように。

そして、転がる石のように繋がりで、

ネットを見ていたら、このことわざが出てきました。

『犬も歩けば棒に当たる』

そういえば、

『犬も歩けば棒に当たる』の意味をわたしはよく理解していなかったので、

さっそくネットで調べてみました。

~行動を起こすと、幸運なことでも、災難なことでも、何らかの経験をすることができる。じっとしていると、そのようなことはできないので、積極的に行動すべきである~

感動しました。

とにかく行動を起こせば、何かしらの貴重な経験を、

この地球でさせていただけるということではないですか。

経験こそ宝のこの地球で、

この『犬も歩けば棒に当たる』はわたしの宝の言葉になりましたよ。

風の時代の今。

身軽に、風のように行動していきたいテツロウハナサカに、ジャストなお言葉でした。

~余計な行動を起こすべきでないとの戒め~

の意味もあるそうなので、

『ときには悠然と待つことも大切なのだ』ということを、あらためて心がけていきたいです。

蒔かぬ種は生えぬ。

何もしなければ何も起きない。

行動を起こせば何かが起きる。

そしてわたしの最近、好きなお言葉は

『善きことはゆっくり動く』

明日は、宇宙一の妻の千夏さんと、

細田監督の新作の映画『竜とそばかすの姫』を地元の姶良市の映画館に観に行く予定です。

わたしは2回目の鑑賞。

千夏さんは初めての鑑賞。

観終えてから、二人で観終えたばかりの映画について、いろいろお話しすることが、すごく樂しみです。

素晴らしい経験を分かち合える人がいるって本当にしあわせですね。

人と人とがリアルに逢って笑い合える。

語り合える。

歌い合える。

喜び合える。

こんな時代だからこそ、人と人の繋がり方があらためてクローズアップされ、

わたしはこうしてブログを書き、

インターネット上での人との繋がりにも、

リアルの繋がりにも、

豐さとしあわせを感じるテツロウハナサカでございます。

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

松栄堂へ

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

姶良市の加治木にある『松栄堂』さんに初めて行ってきました。

近所の重富駅から加治木駅までJRを利用し、愛する妻もいっしょでした。

松栄堂さんは創業95年だそうで、ここまで長く営業されてこられたというだけでも、本当に素晴らしいと思います。

店内にはカフェスペースがありました。

商品を購入させていただいた後、ここのカフェスペースで妻といっしょに、ゆっくりとくつろがせていただきました。

わたしの故郷は鹿児島県南九州市の頴娃町ですが、『石垣』という地域にある石垣商店街で育ちました。

この石垣商店街が、ここの加治木の『かもだ通り』となんとなく似ていて、親しみを感じました。

しかも、わたくしの親戚が石垣商店街でお菓子屋を営んでいましたので、なんだか懐かしい氣持ちになりました。

ここの松栄堂さんのお菓子で『和尚さん饅頭』というお饅頭が販賣されていたのですが、このお饅頭にも親しみを感じてしまいました。

わたしは以前から禅と深いご緣があると感じているからです。

書と禅も深い関わりがあるようです。

もしかしたら、前世で、この辺りで禅との何か関わりがあったのかもしれないと思いました。

和尚さん。

あらためて、美しい響きだと想いました。

 

先ほどネット上で調べたところ、この辺りに『安国寺』というお寺があることが判明しました。

姶良市に來てから、なんとなく知っているお寺のお名前でしたが、今日の出來事で、ますます安国寺に興味が湧きました。

 

ご緣あって2014年から姶良市の重富で暮らしておりますが、姶良市の加治木にも、いろいろとご緣があって、今現在のここでの暮らしがあるのかもしれないと思った一日になりました。

何より、久しぶりに妻とゆっくりと、時閒を氣にせずお出かけし、いや、JRの行きと帰りの時閒は氣にしましたが、フリーデイ、ハッピーデイの、最高に樂しい一日になりました。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

節分2012

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日は節分ですね。

鹿児島は、比較的暖かい節分となりました。

 

わたくし、昨年から『統合』というキーワードに出逢うことが多く、

善悪に関しても、善悪、善い悪いを超えた『統合』ということを意識しておりますが、

本日、シャンタンさんのfacebookのタイムラインでお見かけした投稿をならって、

『鬼は福。福は鬼。』

と元氣にお言葉を放って、

妻と仲良く豆まきをしました。

まいた豆を、うちのアルムが少し食べました(笑)

 

ここ數日、いつの間にか自分の内面と向き合わされておりました。

体も重くなり、結構きつい作業でしたが、今はスッキリしております。

今夜の風呂上がりに、冷たい水を頭からかぶった効果もあったようです。

おかげさまで、より自由に、ライトになったわたしがいます。

 

明日はいよいよ立春ですね。

みなさまにとって素晴らしい立春の日になりますように。

 

✾✾✾ ✾✾✾ ✾✾✾ ✾✾✾ ✾✾✾ ✾✾✾ ✾✾✾

 

お知らせです。

今月の梅山ギャラクシーの33回目の定期市は、

2021年2月11日(木)の建国記念日を予定しております。

お昼からライブも予定しています。

よろしければ遊びにいらしてください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

風の谷のナウシカ

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

映画館のない鹿児島の田舎で育った、わたしの子どもの頃の樂しみのひとつは家のラジカセで樂しめる音樂、ロックンロールでした。

30歳をすぎ、わたしよりも映画が好きな妻と出逢い、結婚をして、わたしも以前より映画が好きになりました。

そして、2014年に姶良市に移住して間もなく、偶然にも姶良市のイオンに映画館ができました。

今年も残り少なくなったので、今年、地元姶良市のイオンにある映画館で観た映画を振り返りたいと思います。

 

2020年の7月8日。

畑で育てていたオクラが順調に成長していた夏の日に、大好きな『風の谷のナウシカ』を映画館で観れたことが印象に残っております。

『風の谷のナウシカ』は1984年に公開されたそうなので、当時わたしはまだ10歳の小学4年生。

田舎で育ちましたので、中学生になるまで映画館で映画を観に行ったことはありませんでした。

この『風の谷のナウシカ』を映画館で観る機会に恵まれることもなく、この映画自体を知ったのは高校生の頃だったでしょうか。

はっきり思い出せませんが、ずいぶん後のような氣がいたします。

 

今年の夏にコロナの影響で、『風の谷のナウシカ』を映画館で再上映することになったのだと思いますが、今振り返ると観に行って本当に良かったです。

今までテレビ放送やレンタルなどで何回も観た風の谷のナウシカでしたが、映画館で観るとこんなにも違うのかという驚きがありました。

まず音の違いにびっくりしました。

こんな音が鳴ってたの?とテレビの画面で観るときには全然氣付かなかった音に驚き、樂しめたことを思い出します。

大画面で観るナウシカの動きに感動し、こんな素晴らしい作品をわたしが小学生の時に生み出され、そして今まで残してくださった宮崎駿監督に、そしてその関係者のみなさまに、感謝の氣持ちが湧いたのでした。

今暮らしている地元の映画館で、わざわざ足を運んで、昔から大好きな映画を映画館で観て、そしてひとり、夕方歩いて自宅まで帰ったというエピソードすべてが、しあわせな思い出になっております。

 

今年のクリスマスの12月25日に「金曜ロードSHOW!」でちょうど『風の谷のナウシカ』が放送されるみたいですね。

今でもこうしてテレビで放送され、たくさんの人に愛され續ける風の谷のナウシカ。

素晴らしいですね。

添付させていただいた写真は映画館のあるイオンで『風の谷のナウシカ』を観終えた帰りに、イオンの店内で撮影したポスターです。

 

木々を愛で

虫と語り

風をまねく鳥の人・・・

 

この地球はもうすぐ『風の時代』の到來ですね。

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

シン・テツロウ

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。  

 

今日は湧水町に行ってきました。

栗野岳が美しかったです。  

 

マヤ暦でKIN1の日『赤い磁氣の竜』の日であり、 新月とも重なった本日。

まさに、スタートの日となりました。

といっても、わたくし自身は今日からスタートさせたことは、なーにもなく。

來週の冬至へ向けて、断捨離モードです。

いや、今日久しぶりにブログを書いたぞ(笑)

再スタート。

 

振り返れば、すでに2ヶ月ほどブログを更新しておりませんでした。

ブログは、書きたい氣持ちはあるんですが、どうしても他のやりたいことを優先してしまうんですね。

ブログはすばらしいツールであるということは、十分理解しておりますので、もっと更新したいですね。

 

今年も残り少なくなりました。

おかげさまで2020年もほぼ毎月、梅山ギャラクシーにて定期市を開催してきましたが、今月はまだ未定でございます。

先月は定期市という形ではなく『ケーキと珈琲と音樂と。』という小さなイベントを開催いたしましたが、ライブもさせていただき、本当に樂しかったです。

『虹にのって』という、わたしの原点の曲を歌わせていただいたことが印象に残っております。

カバラ數秘術では、今月は7の休息の月にあたります。

わたし自身も來年の9月の誕生日までは7の休息の年というタイミングですので、この2つのことが重なった今月は、『休息』そして『自分自身への労り』を心がけています。

 

今までの人生で、こんなにも自分を労おうと思ったことは、なかったかもしれないというくらい、今のわたしは労いモードです。

twitterでもたまたま、ホ・オポノポノで有名なヒューレン博士のこんなお言葉を見にしました。  

 

誰かを正そう、良くしてあげようと思うたびに、自分自身をケアするようにします。 それがあらゆる問題解決の唯一の近道であり、最善の策なのです。  

 

うちの自宅にあるホ・オポノポノカードにはこんなお言葉もあります。

 

一番大切な学び・・・

それはもちろん

自分を愛し、

大切に扱うことです。

 

最近は温泉がますます好きです。

暇を見つけては、あちこちの温泉に入っています。

今日も湧水町の温泉に入ってきました。

お昼すぎでしたし、一段と寒くなった影響もあってか、入っていらっしゃる方は、誰もおらず、わたし一人の貸し切りでした。

温泉はほんといいですね。

白峰先生の本『温泉風水開運法』、おすすめです。

 

そうです、最近、白峰先生がYouTubeに出演されておりました。

わたしも最近、妻といっしょにiPhoneで拝見しました。

YouTube内で「神社ch」を検索されますと、羽賀ヒカルさんの司会で、白峰先生が出演されている動画が現在2つありますので、ご興味のあるかたはぜひ。

こちらです。

https://youtu.be/9H8b0neoYwQ

https://youtu.be/y8KRRDsm9bM  

 

たまたま同じく「神社ch」で見つけたんですが、保江邦夫先生が出演されていらっしゃる『日本一の物理学者が語るコロナから日本は復活する!』というタイトルの動画も拝見しましたが、これも素晴らしい内容でした。

こちらです。

https://youtu.be/sEQ7eSI6KNk  

 

神社も温泉もいいですね。

これからもいろいろな神社や温泉に出逢っていきたいです。

うちのすぐ隣には、兵主神社があり、近くに温泉もあります。

ありがたいことです。  

 

來年1月は映画『シン・エヴァンゲリオン』が公開される予定ですね。

樂しみです。

コンビニでは『シンポテト』という商品をお見かけしました(笑)

わたしも『シン・テツロウ』で、これからもますますロックンロールです。  

 

新月の本日、みなさまのますますのご発展とご多幸をお祈り申し上げます。  

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。    

 

 

みんながしあわせになるブログ

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

みんながしあわせになる。  

なんて素敵な言葉の響きだろうと想います。

理屈を超えて、この言葉を心の中で唱えると、わたしはとてもしあわせな氣持ちになります。

 

みんながしあわせになる。

みんなでしあわせになる。

 

最高ですね。

この言葉に出逢ったのは、あらためて讀み返した『みんなが幸せになるホ・オポノポノ』という本のタイトルからです。

 

昨日、ホ・オポノポノについてここのブログで書かせていただいたのですが、あらためてこの本を手にして、本のタイトルを見て、『みんなが幸せになる』というところに感動いたしました。

これからブログを書いていく上で、常に自分自身をクリーニングして、ゼロに戻し、執着を手放し、自分のための利益を考えないようにしていきたいです。

『みんなのために一番いい記事を書く』

忘れないようにしたいです。

ハナサカブログが『みんながしあわせになるブログ』になることを願っております。

 

本日、添付させていただいたお写真は左の本が2008年初版の『みんなが幸せになるホ・オポノポノ』です。

右の本が2011年初版の『ホ・オポノポノライフ』です。

 

ますますみんながしあわせになる書を書き、ますますみんながしあわせになる歌も歌っていきたいです。

そして、なにより『みんながしあわせになるテツロウハナサカ』になれるよう、生きていきたいです。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

人生をインスピレーションでクリエイトする

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

この地球で生きていると奇跡、ミラクルが起きます。

日々、生きていること自体が奇跡ともいえると思いますが、たまにはびっくりするような偶然、奇跡が起きることもありますね。

 

昨日のブログで、妻との出逢いのことを書かせていただきました。

10年ほど前のことですが、妻と初めて出逢う少し前に、こんな偶然、奇跡がありました。

 

わたしは当時、故郷の穎娃町にて、一人暮らしをしておりました。

鹿児島市内にて、妻と初めての出逢いをいただく数ヶ月ほど前だったかもしれませんが、穎娃町の喫茶店『くろんぼ』の近くにある番所鼻自然公園で、妻のお父さんの弟さんにあたる満(みつる)さんの免許証が公園内の地面に落ちているのを偶然見つけて、くろんぼに届けたことがあったんです。

不思議な出來事でした。

 

他にもあります。

うちの母は現在、鹿児島市内に住んでおりますが、妻と出逢ったときから妻のご両親とうちの母は偶然、1kmほどしか離れていない、ご近所さんだったのです。

うちの母も、妻のお父さんも穎娃町の、しかも同じ「別府地区」出身なので、共通のお知り合いがたくさんいたようでした。

添付させていただいた写真は、うちの母と、妻のご両親の住まいの閒を繋いでくださっている橋の上から撮影いたしました。

本日の夕方に、鹿児島中央駅の方を撮影したものです。

シロとも、たくさんこの橋をいっしょに渡った思い出があります。

 

いろんな偶然や奇跡、ミラクルが起き、妻と出逢い、2011年に結婚をして、今の、愛のあふれる、しあわせな日々がありますが、最近はその偶然、奇跡といえるような出來事も、今では自分自身が創り出していると想えるようになりました。

すべては自分が作り出している。

そう想っています。

今までの人生、どちらかといえば受け身的な、流れにおまかせするような生き方だったように想いますが、これからは、自分の人生、テツロウハナサカの人生を、自分自身がどう切り開き、どう創りあげていこうか、どうクリエイトしていこうかと、そんなことを想っています。

そう想うと、なんだかとてもワクワクするわたしがいます。

そして、自分自身をいかに信じきることができるかが、本当に大切な要素だと想います。

 

最後に、人生をクリエイトするうえで大切なことは、一瞬一瞬日々の選択を、自分自身の直観、インスピレーションで選び取っていくことだと想っています。

その直観、インスピレーションを得る最高のツールが、古代よりハワイに伝わる伝統的な問題解決のメソッドでハワイの叡智『ホ・オポノポノ』だとわたしは信じています。

ホ・オポノポノに関する本もいろいろ出版されていますね。

 

ホ・オポノポノのやり方はとても簡単で、シンプルです。

 

ありがとう

ごめんなさい

許してください

愛しています

 

この4つのお言葉をつぶやくだけです。

日々の実践ですね。

 

これからますます樂しみです。

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

くろんぼ

今日は宇宙一の妻のお父さんのお誕生日。

さわやかな朝になりました。

添付したお写真は今朝、自宅からの散歩中に重富海水浴場で撮影したものです。

 

わたしのブログを以前から讀んでくださっている方は存じ上げていらっしゃるかもしれませんが、わたしの故郷は鹿児島県南九州市の『穎娃町』です。

そして偶然だったのですが、妻のお父さんも頴娃町のご出身なのです。

 

妻と初めて出逢ったのは、2009年。

今からもう11年ほど前のことです。

出逢った場所は、当日、映画上映会の合間で、ライブ演奏を頼まれて行った、鹿児島市内の『黎明館』でした。

 

そして鹿児島市内で出逢った妻のお父さんが偶然『穎娃町』のご出身だったのです。

穎娃町の「水成川」という集落にある喫茶店がご実家でした。

その喫茶店の店名は『くろんぼ』。

わたしも子どもの頃は外でよく遊び、お日さまにあたり、日によく焼けておりましたので『くろんぼ』という店名には、なんとなく親しみを感じていたような氣もいたします。

これがもし『しろんぼ』でしたら、やっぱり『くろんぼ』ほど親しみを感じていなかったかもしれません。

 

『くろんぼ』は穎娃町にご在住の方なら、知らない人はいないというくらい有名な喫茶店だと思います。

わたしも小さい頃からよく利用していましたし、わたしの母校の別府小学校の近くですし、しかもわたしのいとこは、くろんぼでアルバイトをしておりました。

 

そして『くろんぼ』のマスターのお兄さまにあたるのが、妻のお父さんなのです。

妻のお父さんはお若い頃から故郷の穎娃町を離れていらっしゃり、鹿児島市にご在住でしたので、妻に出逢うまで、お逢いしたことは一度もありませんでした。

 

くろんぼのマスターのお名前は満(みつる)さんで、満さんは小さい頃からよく存じ上げておりました。

満さんは、寡黙な方という印象でしたが、妻と出逢ってから初めてお話しをさせていただく機会に恵まれましたところ、とてもお話し好きということが判明し、ちょっと近寄りがたいという感じでしたが、満さんは氣さくで、アクティブで、スポーツマンで、とても優しいお方でした。

『くろんぼ』は穎娃町の水成川集落にある「いせえび荘」や「番所鼻自然公園」の近くにあります。

ぜひ一度、遊びにいかれてみてください。

『くろんぼ』は今でも大好きな、愛する故郷の喫茶店、カフェです。

そして子どもの頃から、たくさんの樂しい思い出があるお店です。

 

妻のお父さんは1949年の丑年生まれで、71歳になられたそうです。

お父さん、おめでとうございます。

ますますのご多幸をお祈り申し上げます。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

越前赤そら豆を自家採種

今年も越前赤そら豆を自家採種することができました。埼玉にある『野口のタネ』でネット注文して取り寄せたのが2015年の9月でした。あれから5年ほど経ち、この越前赤そら豆を毎年作るようになりました。すべてを収穫せず、株を殘し、種を採り續けていますが、種が大きいそら豆は自家採種しやすく、ありがたい野菜です。この越前赤そら豆は一般的なソラマメよりも小ぶりなのですが、とてもおいしいソラマメです。お日さまにあてて乾燥させ、取り出した種を眺め、美しい赤色にうっとりしたのでした。今年も秋が來たら、また越前赤そら豆を蒔く予定です。樂しみです。

大安心

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日も湧水町に來ております。

丸池の近くで、梅の花が美しく咲いており、一人静かに感動いたしました。

梅は百花の魁。

こんなお言葉があるそうですね。

魁の人生。

魁の生き方。

まだ寒さの厳しい中、まず梅の花が咲き、そして暖かくなった頃に櫻が咲く。

いろんな意味で梅の花に共感を覺えるわたしです。

今年もこうして愛する梅の花を見ることができ、ありがたいです。

 

今日は朝の8時頃に書を書きました。

書いた書(半紙)はこちらです。

 

おとといと同じく、まず、今日このブログにご緣のあったみなさまに、わたしからの『本日のメッセージ』を贈ると決めて、大切にしている『エンジェルズ&アンセスターズオラクルカード』を引きました。

そしてカードからのメッセージを參考にさせていただきながら、書にしました。

 

みなさまへ。

本日のメッセージ。

 

大安心。

安らぎ。

わたしの平和。

調和。

守られている。

愛。

 

以上です。

 

書を見てくださり、またメッセージを讀んでいただき、ありがとうございます。

 

 

書のご依頼をいつでもお受けしています。

お客樣にメッセージを添えて、このようなスタイルの書を書かせていただくお仕事もさせていただいております。

今のお客樣にジャストなメッセージを、愛に基づいたお仕事で、心を込めて書かせていただきます。

現在のお客樣のお悩みや健康についてのお悩み、対人関係、人生相談、自分をより深く知るきっかけとなるツールなど、対応いたします。

わたくしまで、お氣軽にメールかfacebookメッセンジャー、LINE、お電話などでご連絡ください。

 

《メール》tetsurock358@me.com
《facebook》テツロウハナサカ
《LINE》tetsurock358
《携帯電話》09074494635

 

書のお代についてです。

このスタイルの書は、書の送料込みで、一枚3000円でお願いいたします。

『メッセージのみ』でしたら1000円

また、「書の現物は無くてもいい。」

「メッセージの書かれた書のお写真を、スマホやパソコンで見るだけでいい。」

というご要望も大丈夫でございます。

このご要望であれば、一枚1500円お受けいたします。

ゆうちょ銀行、楽天銀行、セブン銀行、じぶん銀行へのお振込みに対応しております。

LINE PayPay Payでの、わたくしへのアカウントへの送金、お支払いでも大丈夫でございます。

お代をお振込みいただく銀行の口座番号は、お客樣からご依頼いただいた後にお伝えいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

梅山ギャラクシーでの定期市のお知らせです。

今月は2月11日(火)に『第24回  梅山 新春うぐいす市2020』を開催いたします。

來月は3月16日(月)に『第25回  梅山 春の市2020』を開催予定です。

2018年4月から毎月開催しております。

どうぞよろしくお願いいたします。

梅山ギャラクシー

〒899-5651
鹿児島県姶良市脇元1819番地2
《携帯電話》09074494635
《メール》tetsurock358@me.com

 

ハワイに伝わる教えと癒し『ホ・オポノポノ』。

ありがとう。

ごめんなさい。

許してください。

愛しています。

 

この4つの言葉で、この瞬間しかない素晴らしい体験が訪れるそうです。

最近、あらためてホ・オポノポノの素晴らしさを実感しております。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

生きる力

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日はパッと頭に浮かんだ言葉『生きる力』を書にしました。

朝の9時頃、暖かいお日さまの日差しを感じながら、半紙に書きました。

書を書こうと思った想い。

情熱。

大事なことだなと想いました。

『生きる力』を書いてから順番にホツマ文字、龍体文字、カタカムナ文字も書きました。

日々、健康で、元氣に書を書かせていただけることがありがたいです。

 

 

書のご依頼をいつでもお受けしています。

お客樣にメッセージを添えて、書を贈らせていただくお仕事もさせていただいております。

 

昨日のブログ記事をご參照ください。

『立春の書』  http://tetsurohanasaka.com/?p=17021

 

今のお客樣にジャストなメッセージを、心を込めて、愛に基づいたお仕事で書かせていただきます。

今あるお悩みや健康についてのお悩み、対人関係、人生相談、自分をより深く知るきっかけとなるツールなど、対応いたします。

わたくしまで、お氣軽にメールかfacebookメッセンジャー、LINE、お電話などでご連絡ください。

《携帯電話》09074494635
《メール》tetsurock358@me.com

 

書のお代についてです。

書は、書の送料込みで、一枚3000円でお願いいたします。

『メッセージのみ』でしたら1000円。

また、「書の現物は無くてもいい。」

「メッセージの書かれた書のお写真を、スマホやパソコンで見るだけでいい。」

というご要望も大丈夫でございます。

このご要望であれば、一枚1500円お受けいたします。

ゆうちょ銀行、楽天銀行、セブン銀行、じぶん銀行へのお振込みに対応しております。

LINE PayPay Payでの、わたくしへのアカウントへの送金、お支払いでも大丈夫でございます。

お代をお振込みいただく銀行の口座番号は、お客樣からご依頼いただいた後にお伝えいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

梅山ギャラクシーでの定期市のお知らせです。

今月は2月11日(火)に『梅山 新春うぐいす市2020』を開催いたします。

來月は3月16日(月)に『梅山 春の市2020』を開催予定です。

こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

梅山ギャラクシー

〒899-5651
鹿児島県姶良市脇元1819番地2
《携帯電話》09074494635
《メール》tetsurock358@me.com

 

この世では電子マネーの普及がどんどん進んでいますね。

わたくしも日々、電子マネーを大いに使わせていただいております。

立春を超え、梅の花が咲き始めています。

うれしいです。

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

立春の書

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日は令和の時代になり、初めての立春。

旧暦では、立春の日が一年の初めとされることが多かったそうですね。

 

湧水町に來ておりますが、空は晴れ渡っています。

このブログをパソコンを使って書いておりますが、こうして腰をすえてブログを書くのも久しぶりです。

 

わたしは元氣です。

内面的には日々、どんどん変化しているように想います。

書は日々、書かせていただいております。

 

今朝、書いた書(半紙)はこちらです。

 

まず、今日このブログにご緣のあったみなさまに、わたしからの『本日のメッセージ』を贈ると決めて、『エンジェルズ&アンセスターズオラクルカード』を引きました。

そして書にしました。

 

みなさまへ。

本日のメッセージ。

 

未知のものを信じる。

偉大な力。

鷲。

信頼。

奇跡的なエネルギー。

 

以上です。

書を見てくださり、またメッセージを讀んでいただき、ありがとうございます。

 

 

書のご依頼をいつでもお受けしています。

お客樣にメッセージを添えて、このような感じの書を贈らせていただくお仕事もさせていただいております。

今のお客樣にジャストなメッセージを、心を込めて、愛に基づいたお仕事で書かせていただきます。

今あるお悩みや健康についてのお悩み、対人関係、人生相談、自分をより深く知るきっかけとなるツールなど、対応いたします。

わたくしまで、お氣軽にメールかfacebookメッセンジャー、LINE、お電話などでご連絡ください。

《携帯電話》09074494635
《メール》tetsurock358@me.com

 

書のお代についてです。

書は、書の送料込みで、一枚3000円でお願いいたします。

『メッセージのみ』でしたら1000円。

また、「書の現物は無くてもいい。」

「メッセージの書かれた書のお写真を、スマホやパソコンで見るだけでいい。」

というご要望も大丈夫でございます。

このご要望であれば、一枚1500円お受けいたします。

 

ゆうちょ銀行、楽天銀行、セブン銀行、じぶん銀行へのお振込みに対応しております。

LINE PayPay Payでの、わたくしへのアカウントへの送金、お支払いでも大丈夫でございます。

お代をお振込みいただく銀行の口座番号は、お客樣からご依頼いただいた後にお伝えいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

梅山ギャラクシーでの定期市のお知らせです。

今月は2月11日(火)に『梅山 新春うぐいす市2020』を開催いたします。

來月は3月16日(月)に『梅山 春の市2020』を開催予定です。

こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

 

梅山ギャラクシー

〒899-5651
鹿児島県姶良市脇元1819番地2
《携帯電話》09074494635
《メール》tetsurock358@me.com

 

ずっとガラケーだったうちの母が、昨日からiPhoneデビューでした。

母とLINEでやりとりをする日が來まして、時代の変化、身の回りの変化、わたしの変化を感じております。

これからますます樂しみです。

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

梅山 冬の市2020

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

姶良市の梅山ギャラクシーにて定期市を毎月開催しております。

今日は『梅山 冬の市2020』を開催いたしました。

 

 

基本的に宇宙一の妻と2人で、

2018年の4月から毎月開催しており、

おかげさまで、今回で23回目の開催となりましたが、

わたくしなりに、いろんな氣づきがありました。

 

2年ほど毎月開催してきましたが、

23回目となると、慣れすぎてしまっている部分があり、

心の油断が生じていたと感じました。

 

初心を忘れないようにしようと想いました。

 

まず、この市が毎回、無事に開催でき、

ご來場いただいたみなさまが喜んでいただけるよう心を配り、

安心の空閒を保ち、

そして、何事もなく、無事に市を終えることができること。

主催者として、いつも心がけていたいです。

 

お越しいただいたみなさま、感謝申し上げます。

ありがとうございます。

 

來月は

2020年2月11日(火)
第24回『梅山 新春うぐいす市2020』

再來月は

2020年3月16日(月)
第25回『梅山 春の市2020』

の開催予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

妹のさくらが撮影してくれた写真です。

当日の朝に書いた看板の書です。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

梅山 歳の市2019

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今年の最後となる梅山ギャラクシーでの定期市『梅山歳の市2019』をクリスマスイブの日に開催いたしました。

 

当日の朝に書いた書画の看板です。

レジのところに飾りました。

 

お陰さまで、昨年の4月から毎月開催しており、今囘で22回目。

梅山ギャラクシーの定期市で初めてとなる姶良のパン屋さん『chanaan カナン』さんのパンを販賣させていただきました。

 

右のボックスに入っているパンが『カナン』さんのパン。

左のボックスに入っているのが霧島の『スタジヲ もみの木』さんのお菓子です。

 

湧水町から『農うさぎファーム』さんのお米やお野菜も届きました。

右上には、隼人町から届いた『宇治農園』さんの平飼い自然卵が写っております。

 

お子さまたちも樂しそうに遊んでいらっしゃいました。

 

お写真は最初の一枚以外、すべて妹のさくらが撮影してくれました。

4つ年下のさくらは、『デパール』というお店の名前で毎囘出店しております。

夫婦二人で開催している、小さな市ではございますが、毎月、場を創ることでたくさんのギフトをいただいております。

みなさんの笑顔に出逢えることが本当にうれしいです。

クリスマスイブの『梅山 歳の市2019』。

素晴らしい一日に感謝です。

 

來年の2020年1月も開催予定です。

日にちはまだ未定です。

これから妻といっしょに開催日を決めます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

お知らせです。

今週の金曜日は『書家のお店 梅山ギャラクシー』を營業いたします。

今月より、毎週金曜日のみ營業しております。

朝の9時から15時までの營業とさせていただいておりましたが、

今週から朝の10時から15時までに変更させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

前々囘のブログ記事もご參照ください。

 

http://tetsurohanasaka.com/?p=16960

 

ご來店いただいたお客さまに、お茶を無料でご提供いたしますので、お氣軽にお越しください。

自家焙煎コーヒーは毎月1囘の定期市の日のみ、

お出ししておりますので、ご了承くださいませ。

 

來年、1月の營業日も記載しておきます。

 

令和22020110日(金)

令和22020117日(金)

令和22020124日(金)

令和22020131日(金)

の4日です。

令和2年2020年1月3日(金)はお正月休みとさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

書の会のお知らせです。

2020年1月24日(金)は朝の10時30分から12時まで『書の会』を開催することが決まっております。

タイトルは『第22囘 書くことで豐かになる』です。

料金はお一人さま1500円です。

ご予約制ですので、わたくしまでお氣軽にご連絡ください。

 

 

梅山ギャラクシー

〒899-5651
鹿児島県姶良市脇元1819番地2
《携帯電話》09074494635
《メール》tetsurock358@me.com

ご連絡はfacebookメッセンジャーやLINEもご利用くださいませ。

お店にて、書のお仕事をお受けいたします。

その日では完成に至らない書のご依頼も、お店で、そしてweb上でもお受けしておりますので、お氣軽にご相談くださいませ。

 

今年も残りわずかですね。

以前、ホ・オポノポノで出逢った

『平和はわたしから始まる』

のお言葉は、やっぱり素晴らしいと想っている最近のわたしです。

感謝いっぱい。

ありがとうございます

 

 

『しあわせのはな』の喜び

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

久しぶりにブログを書いております。

姶良市も陽がだいぶ短くなってきました。

朝晩はだいぶ寒くなりました。

今朝は早朝の3時に起きて、早朝5時から姶良市の重富小学校の近くで開催されている『おはよう倫理塾』に參加してきました。

この会で、2012年に発賣を開始したわたくしのファーストシングル『しあわせのはな』の2曲目に入っている『ありがとう』というオリジナル曲を、おはよう倫理塾に參加されていた方のお孫さんが歌っていらっしゃったということをお話しされました。

昔作った曲を、小さなお子さまが、わたしの知らないところで歌ってくださっていたんだなと想うと、うれしい氣持ちになりました。

お昼は、書のご依頼いただいたお客樣が、梅山ギャラクシーにご來店いただき、同時に『しあわせのはな』をご購入いただきました。

『しあわせのはな』は、発賣を開始して7年ほどになりますが、今でもこうして『しあわせのはな』の歌を歌ってくださる方がいらっしゃったり、新たにCDを購入してくださるお客樣がいらっしゃったりと、『しあわせのはな』に関することで、うれしいことが續いた一日でした。

たくさんのみなさんのお陰さまで、テツロウハナサカの歌を作品として殘すことができたことで、喜びのエピソードが、わたくの人生にコツコツと増えていくことに感激しております。

そして感謝しております。

書の作品も同樣ですが、愛のある作品を創り、殘していけば、いつ芽が出て、花開くかは天にお任せで、わたし自身はこれからもますます元氣に、みなさまに喜ばれる作品を創り續けていきたいと想っております。

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

猪俣睦彦さんとの思い出

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

昨日、猪俣睦彦さんが他界されたそうです。

 
MBCのツイッターより転載させていだきます。

MBCの専属タレントで鹿児島弁のトークや歌で親しまれた猪俣睦彦さんが10日夜、亡くなりました。73歳でした。

猪俣さんは47年間、MBCのラジオとテレビに出演。鹿児島弁の軽妙なトークや歌で活躍し、「むっちゃん」の愛称で親しまれました。

以上です。

 

2016年に城山ホテル鹿児島にて、一度お逢いできたことは今となっては、幸運でした。

結局、最初で最期の出逢いとなりましたが、お逢いしたときの印象は、とても優しい方だと想いました。

あらためて猪俣睦彦さんのウィキペディアを讀むと、鹿児島市の天文館でお生まれになられており、姶良市のご出身とのことです。

現在、わたくしがご緣あって2014年より姶良市に暮らしておりますが、わたくしなりにご緣を感じております。

今、氣付きましたが、猪俣睦彦さんはうちの父と同じ年でした。

また猪俣睦彦さんは、ギターを弾かれて歌やオリジナルソングを歌っていらっしゃいました。

わたしもギターを弾き、歌やオリジナルソングを歌わせていただいておりますが、わたしは猪俣睦彦さんを尊敬しておりました。

猪俣睦彦さんのラジオを聴くと、とても愛のある、優しい方と感じておりました。

そして元氣をいただいておりました。

猪俣睦彦さんの鹿児島弁は、とても優しくて樂しくて。

音樂を愛されていたことが、ラジオから伝わりました。

猪俣睦彦さんの歌声も大好きでした。

心よりお悔やみ申し上げます。

ありがとうございます。

 

 

海の匂い。故郷の匂い。

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日は久しぶりに故郷の頴娃町に來ました。

故郷の海。

故郷の海の匂い。

そして開聞岳。

やっぱり最高だと想いました。

離れて暮らしてこそ、故郷の素晴らしさが心からわかってくるものなのですね。

 

子ども頃、本当に素晴らしいところで育ったのだと想います。

ここから、海の方に少し歩いてスケッチを樂しみました。

岩に腰掛けて描いていましたら、背中辺りをアリさんに噛まれました。

頴娃町のアリさんはワイルドだと感じました。

ヤブ蚊も少しいましたが、現在暮らす重富の梅山にはヤブ蚊よりも大きなワイルドな蚊がおります。

ヤブ蚊よりも痛みを感じるワイルドな噛まれ方をしますし、自宅でたまにこの大きなワイルドな蚊に噛まれますので、ヤブ蚊にへこたれない心をいつの閒にか培っていた、わたしでした。

 

仕上がりました。

日差しが強く、暑かったですし、虫さんもいましたので、ゆっくり書くという氣持ちにはなりませんでした。

なので、素早く描きました。

万年筆と顔彩を使いました。

右上に青色の万年筆で、『Hometown kaimondake. I love you.』 と書きました。

意味は 『故郷の開聞岳。 愛しています。』です。

 

スケッチした場所から歩いて10分くらいのところにある石垣の浜に着きました。

わたしが子どものときによく遊んだ、愛するビーチです。

シロもここのビーチが大好きでした。

海と空を眺め、開聞岳を眺め、心から癒されました。

 

18時55分、開聞岳の上には見事な月が出ました。

美しかったです。

元氣をいただいて、自宅のある姶良市に帰りました。

故郷は心の宝だなと想いました。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

Dear challengers

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。  

 

日本経済新聞でたまたま見つけた記事(2019年5月16日付け)です。

布袋寅泰さんでした。

わたしが、ギターを始めるきっかけになったお方です。

現在はソロで活動されていらっしゃいますが、わたしが初めて布袋寅泰さんのギターを聴いたのは「BOOWY」というバンドのギタリストをされていたときのものでした。

その頃は、まだお友だちからダビングしてもらったテープで聴いていました。

お友だちから借りたBOOWYのライブビデオを観て、布袋寅泰さんのギタープレイに夢中になり、ギターを弾いてみたいと思うようになりました。

あれから30年ほど経ちました。

 

この新聞記事には、大きな『Dear challengers』という文字が入っております。

 

左の方にはこう書かれています。  

 

次の時代が、あなたの挑戦を待っている。

10代からの夢を追いかけてロンドンへ。

いまは初心に戻ってライブハウスで汗を流し 一歩一歩を積み重ねる毎日。

“LIFE IS CHALLENGE“

失敗してもいい、前に進む氣持ちを忘れないで。

(布袋寅泰)  

 

以上です。

感動しました。  

 

布袋寅泰さんのニューアルバム『GUITARHYHM VI』が2019年5月29日に発売されるようです。

ギタリズムも6作目となるんですね。

一枚目の『GUITARHYHM』を聴いたのは高校生のときだったと思いますが、今でも大好きな、思い入れのあるアルバムです。

2013年に『GUITARHYHM』について書いた記事がありました。

こちらです。

布袋寅泰さんの月の歌

布袋寅泰さんの月の歌

 

明日、故郷でライブ出演というタイミングでこの新聞記事に、そして布袋寅泰さんのお言葉に元氣と勇氣をいただきました。

ありがとうございます。

明日のライブは全力で歌わせていただきます。

樂しみです。  

 

『ばんどころ絶景祭り2019』のライブ出演は14時45分頃からとなっております。

どうぞよろしくお願いいたします。  

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。    

 

 

初めてのカマキリ

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

姶良市の鍋倉でカマキリを見つけました。

 

小さなカマキリでした。

子どものときからカマキリは好きな虫だったのですが、今まで見たことのないカマキリでした。

 

ちょっとびっくりしたのですが、触ってみたら死んだふりをしました。

こちらです。

 

死んだふりをする姿がかわいかったです。

 

インターネットで調べてみたところ、『ヒメマカキリ』と似ていると思いましたが、正確なことはわかりません。

 

 

まだ出逢ったことのないカマキリに出逢えてうれしかったです。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

赤いリズムの竜2019

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日はマヤ暦でKIN201『赤いリズムの竜』の日でした。

妻の銀河のお誕生日でもあります。

そんなうれしい日に大好きな湧水町で見つけた虫たちです。

 

 

いろんな虫たちを見かける時期ですね。

あらためていろんな生命が、この地球に存在してくださっていることにしあわせを感じた日でした。

ますますこの地球に愛と平和と調和が広がっていきますように。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

今のライフスタイルについて

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

わたしの現在のライフスタイルは、できるだけ早寝早起きを心がけております。

今朝も早朝4時すぎに起床して、家庭倫理の會のおはよう倫理塾に參加させていただきました。(おはよう倫理塾は早朝5時から5時45分頃まで開催されています)

早朝に清々しい空氣を感じながら、1.5kmほどの距離を歩いて会場まで行くことで、一日のスタートの良いリズムが生まれます。

日々、朝の時閒を最大限に生かして仕事をさせていただくことを心がけていますので、基本的に夜は静かにしていることが多いです。

20代前半は昼と夜が逆転した生活をしたこともあります。

コンビニで夜中から朝までのアルバイトをしていた時期もありました。

 

今までの書の作品は、早朝や午前中に生まれたものが圧倒的に多いです。

朝は脳もクリアに働きますし、直観力も冴え渡ります。

朝のお仕事ははかどります。

 

こちらの書は今年の3月21日、春分の日で、満月で、宇宙元旦の日でもあった日に書いた作品です。

 

書は宇宙エネルギーだと想っていますので、できるだけ朝の、地球に満ちあふれる清々しいエネルギー、素晴らしいエネルギーを感じながら書を書きたいです。

朝に、外から鳥の歌声が聴こえてくるような環境で書を書けたら最高です。

わたし自身も朝が一番、体に清々しい宇宙エネルギーが満ちあるれるのを感じます。

自然と調和して暮らすことが、結果的に素晴らしい書を生み出すことになると想っています。

自然と調和した暮らしとなると、やっぱり愛する農ある暮らしに繋がるわけですが、できるだけ大好きな畑にも立ちたいです。

良いお仕事をさせていただくためにもできるだけ早く寝て、朝起き、早起きを心がけている現在のテツロウハナサカです。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

シロの思い出

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日は妻のお友だちが梅山ギャラクシーに來られて、シロのお話しになりましたので、シロがまだ赤ちゃんのときのお写真を押し入れから出しました。

妻のお友だちが帰られてから、しみじみとシロのアルバムを眺めました。

 

こちらのお写真はシロが生まれて半年くらいのときのものです。

特別に好きな一枚の写真です。

 

頴娃町の畑で初めて作った無農薬のニンジンを食べているところです。

収穫したばかりのニンジンでした。

おててがかわいいです。

シロは赤ちゃんの頃からニンジンが大好きで、前世では馬だったんじゃないか、と冗談半分で想っておりました。

 

シロが14歳で他界して7ヶ月ほど経ちました。

シロがいない生活にもだいぶ慣れました。

日々、生活する中でシロのことを思い出すことがときどきあります。

多分、一生思い出すのでしょう。

シロが他界したばかりの頃は、自分を責める感情や、もっとあーすれば良かった、もっとあーしてあげれば良かったなど、後悔の氣持ちも少なからずありました。

でも、今ではシロのことを思い出すことは、わたしにとってうれしいことになりました。

すべてが美しい思い出。

シロという犬を通してたくさんの素晴らしい學びをいただきました。

言葉が通じないからこそ、言葉を超えたコミニュケーションが自然と取れるようになり、この経験は現在、人さまや他の動物や植物との交流に生かされていると感じます。

テレパシーといってもいいのかもしれません。

これからも、シロという犬の生きた軌跡を書くことで、これから犬と暮らしていこうと思われていらっしゃる方や、現在犬と暮らしている方にも、わたくしのこのブログ記事が少しでもお役に立ちましたら、とてもうれしいです。

現在暮らしている姶良市には椋鳩十文学記念館がありますが、動物の素晴らしさを書かれて、本にして殘してくださった、児童文學作家の椋鳩十先生も喜んでくださるかもしれません。

 

犬はいいな。

かわいいな。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

皐月の花

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

昨日、湧水町の川沿いで見つけたアザミです。

なんとも美しい紫色で、感動しました。

アザミについて、ウィキペディアで調べてみましたら、アザミにもいろんな種類があるとのことで、

〜日本にも100種以上ある〜

と書かれておりました。

『そんなにあるんだ。』

とびっくりいたしました。

わたしはアザミは1種類しかないと、なぜか勝手に思い込んでおりましたので(笑)

今囘、アザミについて調べてみて良かったです。

 

児童文学作家の椋鳩十先生がこんなお言葉を殘されているそうです。

 

🌸🌸🌸🌸🌸🌸

『感動というやつは、人閒の心をかえるんです。

感動は心の中に起こる地震ですよ。

心の底からぐーとひっくりかえしていく。

そうして、どちらへむけるかというと、感動の方向に向かって、人の心を変えていくんです。

すばらしい方向に人の心を変えていくんです。

椋鳩十「感動は人生の窓をひらく」より

🌸🌸🌸🌸🌸🌸

 

ちなみにこの文章は、以前、姶良市加治木町にある『椋鳩十文学記念館』にうかがわせていただいたときに、いただいた一枚の紙を見て、書かせていただきました。

筆文字で書かれていたものでした。

 

子どものときに大好きだった椋鳩十先生の本。

現在暮らしてい姶良市に『椋鳩十文学記念館』があることがうれしいです。

 

椋鳩十先生の名作『大造じいさんとガン』は、2014年現在の小学5年生の国語教科書の教材になっているそうですが、昨日、アザミを見つけた湧水町が舞台のお話しだそうですね。

ブログを書きながら、アザミと椋鳩十先生が、大好きな『湧水町』で繋がり、感動しました。

 

日々、生きていると、いろんなことがあります。

そして、いろんな感動に出逢います。

これからも、この地球でどんな感動に出逢えるだろう。

樂しみです。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。