猪俣睦彦さんとの思い出

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

昨日、猪俣睦彦さんが他界されたそうです。

 
MBCのツイッターより転載させていだきます。

MBCの専属タレントで鹿児島弁のトークや歌で親しまれた猪俣睦彦さんが10日夜、亡くなりました。73歳でした。

猪俣さんは47年間、MBCのラジオとテレビに出演。鹿児島弁の軽妙なトークや歌で活躍し、「むっちゃん」の愛称で親しまれました。

以上です。

 

2016年に城山ホテル鹿児島にて、一度お逢いできたことは今となっては、幸運でした。

結局、最初で最期の出逢いとなりましたが、お逢いしたときの印象は、とても優しい方だと想いました。

あらためて猪俣睦彦さんのウィキペディアを讀むと、鹿児島市の天文館でお生まれになられており、姶良市のご出身とのことです。

現在、わたくしがご緣あって2014年より姶良市に暮らしておりますが、わたくしなりにご緣を感じております。

今、氣付きましたが、猪俣睦彦さんはうちの父と同じ年でした。

また猪俣睦彦さんは、ギターを弾かれて歌やオリジナルソングを歌っていらっしゃいました。

わたしもギターを弾き、歌やオリジナルソングを歌わせていただいておりますが、わたしは猪俣睦彦さんを尊敬しておりました。

猪俣睦彦さんのラジオを聴くと、とても愛のある、優しい方と感じておりました。

そして元氣をいただいておりました。

猪俣睦彦さんの鹿児島弁は、とても優しくて樂しくて。

音樂を愛されていたことが、ラジオから伝わりました。

猪俣睦彦さんの歌声も大好きでした。

心よりお悔やみ申し上げます。

ありがとうございます。

 

 

海の匂い。故郷の匂い。

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日は久しぶりに故郷の頴娃町に來ました。

故郷の海。

故郷の海の匂い。

そして開聞岳。

やっぱり最高だと想いました。

離れて暮らしてこそ、故郷の素晴らしさが心からわかってくるものなのですね。

 

子ども頃、本当に素晴らしいところで育ったのだと想います。

ここから、海の方に少し歩いてスケッチを樂しみました。

岩に腰掛けて描いていましたら、背中辺りをアリさんに噛まれました。

頴娃町のアリさんはワイルドだと感じました。

ヤブ蚊も少しいましたが、現在暮らす重富の梅山にはヤブ蚊よりも大きなワイルドな蚊がおります。

ヤブ蚊よりも痛みを感じるワイルドな噛まれ方をしますし、自宅でたまにこの大きなワイルドな蚊に噛まれますので、ヤブ蚊にへこたれない心をいつの閒にか培っていた、わたしでした。

 

仕上がりました。

日差しが強く、暑かったですし、虫さんもいましたので、ゆっくり書くという氣持ちにはなりませんでした。

なので、素早く描きました。

万年筆と顔彩を使いました。

右上に青色の万年筆で、『Hometown kaimondake. I love you.』 と書きました。

意味は 『故郷の開聞岳。 愛しています。』です。

 

スケッチした場所から歩いて10分くらいのところにある石垣の浜に着きました。

わたしが子どものときによく遊んだ、愛するビーチです。

シロもここのビーチが大好きでした。

海と空を眺め、開聞岳を眺め、心から癒されました。

 

18時55分、開聞岳の上には見事な月が出ました。

美しかったです。

元氣をいただいて、自宅のある姶良市に帰りました。

故郷は心の宝だなと想いました。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

Dear challengers

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。  

 

日本経済新聞でたまたま見つけた記事(2019年5月16日付け)です。

布袋寅泰さんでした。

わたしが、ギターを始めるきっかけになったお方です。

現在はソロで活動されていらっしゃいますが、わたしが初めて布袋寅泰さんのギターを聴いたのは「BOOWY」というバンドのギタリストをされていたときのものでした。

その頃は、まだお友だちからダビングしてもらったテープで聴いていました。

お友だちから借りたBOOWYのライブビデオを観て、布袋寅泰さんのギタープレイに夢中になり、ギターを弾いてみたいと思うようになりました。

あれから30年ほど経ちました。

 

この新聞記事には、大きな『Dear challengers』という文字が入っております。

 

左の方にはこう書かれています。  

 

次の時代が、あなたの挑戦を待っている。

10代からの夢を追いかけてロンドンへ。

いまは初心に戻ってライブハウスで汗を流し 一歩一歩を積み重ねる毎日。

“LIFE IS CHALLENGE“

失敗してもいい、前に進む氣持ちを忘れないで。

(布袋寅泰)  

 

以上です。

感動しました。  

 

布袋寅泰さんのニューアルバム『GUITARHYHM VI』が2019年5月29日に発売されるようです。

ギタリズムも6作目となるんですね。

一枚目の『GUITARHYHM』を聴いたのは高校生のときだったと思いますが、今でも大好きな、思い入れのあるアルバムです。

2013年に『GUITARHYHM』について書いた記事がありました。

こちらです。

布袋寅泰さんの月の歌

布袋寅泰さんの月の歌

 

明日、故郷でライブ出演というタイミングでこの新聞記事に、そして布袋寅泰さんのお言葉に元氣と勇氣をいただきました。

ありがとうございます。

明日のライブは全力で歌わせていただきます。

樂しみです。  

 

『ばんどころ絶景祭り2019』のライブ出演は14時45分頃からとなっております。

どうぞよろしくお願いいたします。  

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。    

 

 

初めてのカマキリ

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

姶良市の鍋倉でカマキリを見つけました。

 

小さなカマキリでした。

子どものときからカマキリは好きな虫だったのですが、今まで見たことのないカマキリでした。

 

ちょっとびっくりしたのですが、触ってみたら死んだふりをしました。

こちらです。

 

死んだふりをする姿がかわいかったです。

 

インターネットで調べてみたところ、『ヒメマカキリ』と似ていると思いましたが、正確なことはわかりません。

 

 

まだ出逢ったことのないカマキリに出逢えてうれしかったです。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

赤いリズムの竜2019

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日はマヤ暦でKIN201『赤いリズムの竜』の日でした。

妻の銀河のお誕生日でもあります。

そんなうれしい日に大好きな湧水町で見つけた虫たちです。

 

 

いろんな虫たちを見かける時期ですね。

あらためていろんな生命が、この地球に存在してくださっていることにしあわせを感じた日でした。

ますますこの地球に愛と平和と調和が広がっていきますように。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

今のライフスタイルについて

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

わたしの現在のライフスタイルは、できるだけ早寝早起きを心がけております。

今朝も早朝4時すぎに起床して、家庭倫理の會のおはよう倫理塾に參加させていただきました。(おはよう倫理塾は早朝5時から5時45分頃まで開催されています)

早朝に清々しい空氣を感じながら、1.5kmほどの距離を歩いて会場まで行くことで、一日のスタートの良いリズムが生まれます。

日々、朝の時閒を最大限に生かして仕事をさせていただくことを心がけていますので、基本的に夜は静かにしていることが多いです。

20代前半は昼と夜が逆転した生活をしたこともあります。

コンビニで夜中から朝までのアルバイトをしていた時期もありました。

 

今までの書の作品は、早朝や午前中に生まれたものが圧倒的に多いです。

朝は脳もクリアに働きますし、直観力も冴え渡ります。

朝のお仕事ははかどります。

 

こちらの書は今年の3月21日、春分の日で、満月で、宇宙元旦の日でもあった日に書いた作品です。

 

書は宇宙エネルギーだと想っていますので、できるだけ朝の、地球に満ちあふれる清々しいエネルギー、素晴らしいエネルギーを感じながら書を書きたいです。

朝に、外から鳥の歌声が聴こえてくるような環境で書を書けたら最高です。

わたし自身も朝が一番、体に清々しい宇宙エネルギーが満ちあるれるのを感じます。

自然と調和して暮らすことが、結果的に素晴らしい書を生み出すことになると想っています。

自然と調和した暮らしとなると、やっぱり愛する農ある暮らしに繋がるわけですが、できるだけ大好きな畑にも立ちたいです。

良いお仕事をさせていただくためにもできるだけ早く寝て、朝起き、早起きを心がけている現在のテツロウハナサカです。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

シロの思い出

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日は妻のお友だちが梅山ギャラクシーに來られて、シロのお話しになりましたので、シロがまだ赤ちゃんのときのお写真を押し入れから出しました。

妻のお友だちが帰られてから、しみじみとシロのアルバムを眺めました。

 

こちらのお写真はシロが生まれて半年くらいのときのものです。

特別に好きな一枚の写真です。

 

頴娃町の畑で初めて作った無農薬のニンジンを食べているところです。

収穫したばかりのニンジンでした。

おててがかわいいです。

シロは赤ちゃんの頃からニンジンが大好きで、前世では馬だったんじゃないか、と冗談半分で想っておりました。

 

シロが14歳で他界して7ヶ月ほど経ちました。

シロがいない生活にもだいぶ慣れました。

日々、生活する中でシロのことを思い出すことがときどきあります。

多分、一生思い出すのでしょう。

シロが他界したばかりの頃は、自分を責める感情や、もっとあーすれば良かった、もっとあーしてあげれば良かったなど、後悔の氣持ちも少なからずありました。

でも、今ではシロのことを思い出すことは、わたしにとってうれしいことになりました。

すべてが美しい思い出。

シロという犬を通してたくさんの素晴らしい學びをいただきました。

言葉が通じないからこそ、言葉を超えたコミニュケーションが自然と取れるようになり、この経験は現在、人さまや他の動物や植物との交流に生かされていると感じます。

テレパシーといってもいいのかもしれません。

これからも、シロという犬の生きた軌跡を書くことで、これから犬と暮らしていこうと思われていらっしゃる方や、現在犬と暮らしている方にも、わたくしのこのブログ記事が少しでもお役に立ちましたら、とてもうれしいです。

現在暮らしている姶良市には椋鳩十文学記念館がありますが、動物の素晴らしさを書かれて、本にして殘してくださった、児童文學作家の椋鳩十先生も喜んでくださるかもしれません。

 

犬はいいな。

かわいいな。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

皐月の花

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

昨日、湧水町の川沿いで見つけたアザミです。

なんとも美しい紫色で、感動しました。

アザミについて、ウィキペディアで調べてみましたら、アザミにもいろんな種類があるとのことで、

〜日本にも100種以上ある〜

と書かれておりました。

『そんなにあるんだ。』

とびっくりいたしました。

わたしはアザミは1種類しかないと、なぜか勝手に思い込んでおりましたので(笑)

今囘、アザミについて調べてみて良かったです。

 

児童文学作家の椋鳩十先生がこんなお言葉を殘されているそうです。

 

🌸🌸🌸🌸🌸🌸

『感動というやつは、人閒の心をかえるんです。

感動は心の中に起こる地震ですよ。

心の底からぐーとひっくりかえしていく。

そうして、どちらへむけるかというと、感動の方向に向かって、人の心を変えていくんです。

すばらしい方向に人の心を変えていくんです。

椋鳩十「感動は人生の窓をひらく」より

🌸🌸🌸🌸🌸🌸

 

ちなみにこの文章は、以前、姶良市加治木町にある『椋鳩十文学記念館』にうかがわせていただいたときに、いただいた一枚の紙を見て、書かせていただきました。

筆文字で書かれていたものでした。

 

子どものときに大好きだった椋鳩十先生の本。

現在暮らしてい姶良市に『椋鳩十文学記念館』があることがうれしいです。

 

椋鳩十先生の名作『大造じいさんとガン』は、2014年現在の小学5年生の国語教科書の教材になっているそうですが、昨日、アザミを見つけた湧水町が舞台のお話しだそうですね。

ブログを書きながら、アザミと椋鳩十先生が、大好きな『湧水町』で繋がり、感動しました。

 

日々、生きていると、いろんなことがあります。

そして、いろんな感動に出逢います。

これからも、この地球でどんな感動に出逢えるだろう。

樂しみです。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

ばあちゃん、95歳の誕生日

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日はタキばあちゃん(母の母)の95歳のお誕生日でした。

わたしとちょうど50歳違いで、大正13年5月7日生まれ。

ばあちゃんは3月初旬に、自分の部屋で骨折してしまいまして、鹿児島市内の病院に入院しております。

入院中ですので、今年のばあちゃんのお写真は、昨年のばあちゃんのお誕生日前日に、初めて梅山ギャラクシーに來たときのお写真を添付いたします。

 

 

 

あらためて振り返ると、ばあちゃんがシロと姶良市にある梅山ギャラクシーで逢ったのは、この日だけとなりました。

梅山ギャラクシーで逢えて良かったね。

 

梅山ギャラクシーの店内にて。

右から、ばあちゃん、母、妻です。

 
 

今日は久しぶりに、ばあちゃんに逢いに行ってきました。

なぜ久しぶりになったのかといいますと、病院でインフルエンザが流行ってしまい、1ヶ月ほど外部から來られる方はみんな面会禁止になっていたからです。

ばあちゃんは人と話しをすることが大好きなので、心配しました。

現に面会禁止になってから、体調を悪くしたようでした。

ばあちゃんに逢いに行こうと想っても逢えない状態は、さみしかったです。

お昼に、約1ヶ月ぶりにばあちゃんに逢えました。

ホッとしました。

 

ばあちゃん、今日で95歳。

長生きをしている秘訣は、入院する前まで、ずっとお仕事をしてきたからではないかと、わたしは想っています。

倫理で學ばせていただいている『働きは最上の喜び 勤労歓喜』ですね。

わたしも生涯現役で、最高に樂しく、最高に喜びのある『テツロウハナサカ』のお仕事をしていきたいと想っております。

ばあちゃん、退院したら、ばあちゃんの友だちがたくさん待っている頴娃町に帰って、また仕事をして元氣になってね。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

母の絵

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日はこどもの日ということで、わたくしが5歳のときに描いた絵をアップさせていただきました。

アルバムに挟んであったものです。

うちの母は若いころパーマをかけていましたので、髪の毛が曲線を描いております。

おそらく母の字だと思いますが、昭和55年4月の日付けが右下に入っております。

この絵を見て、

『そうだった。わたしは絵を描くことが、子どものときから大好きだったよな。』

と想いました。

小学1年生で書道を始めましたので、このときはまだ、書道の世界に出逢っていないです。

書道に出逢う前の、自分の子どもの頃の絵を見て、

『純粋に絵を描くことを樂しんでいるな。』

と想いました。

 

先日、『棟方志功展』に行き、『もっと絵を描いていこう』という氣持ちになりましたので、純粋に絵を樂しんで描いていた子どものときの絵を久しぶりに見て、なんだか勇氣と元氣をいただきました。

この絵を殘してくれた母に感謝いたします。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

棟方志功展へ

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日は鹿児島市立美術館で開催されている『棟方志功展』に妻と行ってきました。

わたしは以前から、棟方志功が大好きで、ワクワクしながら会場に入りました。

 

最高に樂しかったです。

もっと自由でいいんだ。

もっと樂しんでいいんだ。

棟方志功の素晴らしい作品を觀ながら、そう想いました。

そして、

『もっと絵も描いていきたいな。』

とも想いました。

これから自分の作品に、今日の体験が生かされていくと想います。

 

書家として、ミュージシャンとして、一反百姓として、日々活動させていただいておりますが、わたくしも、棟方志功のように書も絵も、もっと自由に樂しんで、ますます喜ばれる作品を創りたいです。

肩書きにとらわれず、今ここの氣持ちを大事にして、そのとき一番やりたいことを形にしていきたいです。

 

本日添付したお写真は、会場で購入した一枚のポストカードです。

『四天雄飛の図』で、1950年(昭和25年)に、福光中学校講堂の新築を記念して描かれたものだそうです。

大きな作品で、2枚あったのですが、このポストカードは「朱雀と青龍」の方です。

作品から素晴らしいエネルギーを感じました。

線も色も本当に美しかったです。

生で作品を觀ることの樂しさ、素晴らしさをあらためて感じました。

 

また、2012年に発賣を開始した、わたくしのファーストシングル『しあわせのはな』のCDの盤面に、「四神」の青龍・朱雀・白虎・玄武の書を入れたことを、思い出しました。

『しあわせのはな』のジャケットを描いてくださったのは、鹿児島県日置市吹上永吉在住のイラストレーターの大寺聡さんなのですが、

『CDの盤面にわたしの書を入れましょう。』

と大寺さんが提案してくださり、わたしは何を書こうかと考え、「四神」を書こうと思いつき、書かせていただいたのでした。

中村てつろう時代に制作した、ファーストシングル『しあわせのはな』はテツロウハナサカ公式オンラインショップでご購入いただけます。

こちらです。

http://hanasakaya.thebase.in

 

棟方志功展は5月6日(月)まで開催されているそうです。

令和の時代に入った、このタイミングで『棟方志功展』行けたことに感謝しています。

おかげさまで、一生忘れられない日になりました。

本当に行って良かったです。

 

 

テツロウハナサカへのご連絡

書のご依頼やライブ出演のご依頼は、

🌸パソコン携帯兼用メール

tetsurock358@me.com

🌸facebookメッセンジャー

テツロウハナサカ

でご連絡いただく方法、

または、

お客樣と直接お逢いして、詳細の打ち合わせ等、

姶良市にある梅山ギャラクシーをご利用いただけます。

梅山ギャラクシーをご利用いただく場合は、ご予約でお願いしておりますので、事前のご連絡をどうぞよろしくお願いいたします。

facebookのお友達申請は「ブログを讀んだ」とメッセージを添えていただいて、お氣軽に申請してくださいませ。

twitterやインスタグラムも『テツロウハナサカ』で利用させていただいております。

 

 

テツロウハナサカの今後の予定

 

2019年5月19日(日)は故郷の頴娃町で開催される『ばんどころ絶景まつり2019』に書道出店とライブ出演をいたします。

ライブ演奏は、14時45分からの予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

テツロウハナサカ  オンラインショップ

テツロウハナサカの作品などは、こちらでご購入いただけます。

http://hanasakaya.thebase.in

 

梅山ギャラクシー
〒899-5651
鹿児島県姶良市脇元1819番地2
《携帯電話》09074494635
《メール》tetsurock358@me.com

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

畑とギター

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

令和元年、2日目。

ここ數日、雨が續いておりましたが、今日は氣持ち良く晴れました。

 

シロのことを想い出しています。

明日はシロの月命日。

2018年10月3日にシロは他界したので、明日でちょうど半年になります。

昨年の2018年5月20日に、シロが急に足を痛めて歩けなくなったと、妻のお父さんから連絡が入ったことを、日記を見ながら思い出しているところです。

この日は、鹿児島市内に住んでいらっしゃる妻のお父さんにシロを預けていて、わたしは故郷の頴娃町で開催された『ばんどころ絶景まつり2018』のライブ出演で番所鼻自然公園にいました。

翌日の5月21日は、姶良市の自宅近くの動物病院に連れていっていました。

あの時、シロは本当にきつそうでした。

シロも妻もわたしも、家族みんなが大変だったことが思い出されます。

ようやく、シロがいない生活も慣れてきたところですが、やっぱりシロのことを思い出すと涙が出そうになります。

あらためて、シロは、わたしにとって本当に大きな存在だったのだなと想います。

 

こちらの写真は2016年5月15日に『ばんどころ絶景まつり2016』の時のもので、わたしはライブ出演をした日でした。

 

こちらの写真も、『ばんどころ絶景まつり2016』の時のもので、妻のお父さんとシロとわたしのギターが写っている、わたしの大好きなお写真です。

 

わたしはロックが大好きなので、家で、そして車でロックを聴くたびに、シロの耳にもロックが聴こえてきたと想います。

特に、車の中では大好きなロックバンドをかけながら、しかもいっしょに歌っていましたから、シロは嫌でも聴かされていたはずです(笑)

シロは、歌もギターもよく聴いていた犬生でした。

14年いっしょだったシロ。

シロといっしょに、ギターを弾きながら畑で歌ったことは、わたしの宝の思い出です。

 

令和の時代は、どんな新しい出逢いが待っているだろう。

樂しみです。

 

 

テツロウハナサカへのご連絡

書のご依頼やライブ出演のご依頼は、

🌸パソコン携帯兼用メール

tetsurock358@me.com

🌸facebookメッセンジャー

テツロウハナサカ

🌸LINE

LINEのID 《tetsurock358》

でご連絡いただく方法、

または、

お客樣と直接お逢いして、詳細の打ち合わせ等、

姶良市にある梅山ギャラクシーをご利用いただけます。

梅山ギャラクシーをご利用いただく場合は、ご予約でお願いしておりますので、事前のご連絡をどうぞよろしくお願いいたします。

facebookやLINEのお友だち申請は、「ブログを讀んだ」とメッセージを添えていただいて、お氣軽に申請してくださいませ。

facebookやtwitter、インスタグラムも『テツロウハナサカ』で利用させていただいております。

 

 

テツロウハナサカの今後の予定

2019年5月19日(日)は故郷の頴娃町で開催される『ばんどころ絶景まつり2019』に書道出店とライブ出演をいたします。

ライブ演奏は、14時45分からの予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

テツロウハナサカ  オンラインショップ

テツロウハナサカの作品などは、こちらでご購入いただけます。

http://hanasakaya.thebase.in

 

 

梅山ギャラクシー
〒899-5651
鹿児島県姶良市脇元1819番地2
《携帯電話》09074494635
《メール》tetsurock358@me.com

 

いつもブログを讀んでくださっているみなさま、

facebookやインスタグラムでいいね!をしてくださっているみなさま、いつもありがとうございます。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

オアシスの『Whatever』

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

明日はいよいよ『アースデイかごしま2019』にライブ出演です。

鹿児島市のテンパークにて、朝の11時頃からの出演です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

わたしは普段、自宅ではアンプを繋いでギターを弾くことをあまりせず、生音でギターを弾くことが多いのですが、ライブ出演の前日となると、さすがにアンプを使って当日のライブ演奏をイメージしながらギターの練習をします。

昔はエレキギターをよく弾いておりましたが、現在はエレキギターは無く、アコースティックギターのみです。

ギターの弦は1週間前に張り替えました。

最近は『ダダリオ』というメーカーのアコースティックギターの弦がお氣に入りです。

 

ところで、解散してしまいましたが、イギリスのロックバンド『オアシス』の『Whatever』という、最高に好きな曲があります。

https://youtu.be/zUADzarhFyA

 

前日、久しぶりに聴いたのですが、やっぱり最高の曲だと想いました。

元氣をいただける曲です。

ロックンロールってすごいな。

人を元氣にするのだから。

20代の頃、この曲の入ったオアシスのバンドスコアを探し出して購入し、頴娃町の虹のアトリエで一人、バンドスコアを見ながらこの曲を練習したことを覺えています。

本日、添付したお写真は昔、撮影したもので、頴娃町の虹のアトリエに出た虹です。

 

ここの2箇所の歌詞が特に好きです。

 

I’m free to be whatever I

Whatever I choose

俺は何にだってなれる

俺が望むどんなものにだって

 

You’re free to be wherever you

Wherever you please

お前はどこにだって自由に行ける

好きなところなら何処へだってな

 

誰でもなりたい自分になれる。

テツロウハナサカは、そう想っています。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

『梅山 平成ラスト市2019』のフライヤー

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

本日、『梅山  平成ラスト市2019』のフライヤーができました。

宇宙一の妻が毎囘、手書きで制作してくれています。

妻の芸術作品だとわたしは思っております。

 

今囘の市では、お友だちの湯地妙衣さんが横浜から鹿児島に帰って來られたので、出店してくださることになりました。

『西洋占星術』をしてくださいます。

湯地妙衣さんのwebサイト
http://blog.heartquest.jp

 

この時期、とてもおいしい『若松さんげぇの音樂とまと』も入荷いたします。

若松さんは、隼人町でトマトにクラシックを聴かせて育てていらっしゃいます。

 

『若松さんげぇの音樂とまと』のfacebookページ
https://www.facebook.com/ongakutomato

 

以前、『若松さんげぇの音樂とまと』の商品のラベルの書を書かせていただきました。

今でも書かせていただいた書のラベルを使ってくださっており、ありがたいです。

 

いよいよ今週の日曜日は鹿児島市のテンパークで開催される『アースデイかごしま2019』にライブ出演いたします。

朝の11時頃からの演奏です。

妻の弟さんのだいさんがタイコを叩いてくださいます。

よろしければ遊びにいらしてください。

 

【テツロウハナサカの今後の予定】

🌸2019年4月21日(日)

『アースデイかごしま2019』にライブ出演いたします。

 

🌸2019年5月19日(日)

故郷の頴娃町で開催される『ばんどころ絶景祭り2019』で書道出店とライブ出演いたします。

場所は番所鼻自然公園です。

 

梅山ギャラクシー
〒899-5651
鹿児島県姶良市脇元1819番地2
《携帯電話》09074494635
《メール》tetsurock358@me.com

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

泉屋東京店

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

関東から、お友だちが鹿児島に帰ってきました。

今、宇宙一の妻といっしょに夕食をいただいています。

お土産をいただきました。

 

『泉屋東京本店』のクッキーでした。

ここのお店、全然知りませんでしたし、初めて見ました。

オシャレな入れ物です。

 

開けました。

このクッキー、お友だちは子どもの頃からいただいていたそうで、入れ物も中のクッキーも昔と全然変わっていないそうです。

昔から変わらずに愛されているクッキーなのですね。

インターネットで調べると、泉屋は創業92年のお店で、日本で初めてクッキーを販賣したところなのだそうです。

このエピソードに、テンション上がりました(笑)

しかも、わたしの好きな『パイオニア』でした(笑)

お店のエピソードを調べることは樂しいものですね。

エピソードを知ることで、愛着が湧いていくものですね。

妻とおいしくありがたく、いただきました。

 

さて、先ほど今月の4月24日(水)に梅山ギャラクシーで開催する市の名前が決まりました。

『梅山 平成ラスト市2019』

です。

平成最後の梅山ギャラクシーでの市となります。

そして來月は、いよいよ令和元年になり、令和の最初の市となります。

樂しみです。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

湧水町の虹

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日はお米のおいしい大好きな湧水町に來ています。

いい氣分で湧水町の街中を歩いていると。。。

 

不思議な虹が出ていました。

お昼前の11時11分でした。

横に伸びる虹に感動し、素早くiPhoneSEを取り出して、撮影しました。

正確にはこれは虹と呼んでいいのか、わかりませんが、自然とうれしい氣持ちになりました。

 

歩きながら、他の場所でも撮影しました。

 

お花といっしょに。

お家といっしょに。

 

さっそく持參していたスケッチブックに水彩絵の具と万年筆を使って、この虹を描いてみました。

こちらです。

 

 

まず水彩絵の具を使って一筆書きで、左から右へ線を4囘引き、虹を描きました。

1本目青色→2本目うすい青色→3本目黄色→4本目赤色の順です。

最後に、どのくらいの大きさで文字を入れようかと少し考え、万年筆を使い、

『湧水町デ見タ 不思議ナ虹 美シイ虹』

と入れました。

使った水は今朝汲んだばかりの丸池の湧水です。

夕方に、iPhoneSEで撮影した写真を見ながら描きました。

 

未來は明るいと感じます。

これからますます樂しみです。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

令和のミライ

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

近所の重富漁港より、夕方に撮影した櫻島。

櫻島が明るくて、とても美しかったです。

 

なぎさ公園まで歩き、霧島の方を撮影しました。

 

わたしはこれから來る、

『令和の時代の未來は明るい』

と確信しています。

今朝、それが自分の中で明確になった出來事もありました。

これから、ますます日本が世界をリードする國になり、

ますます笑顔と優しさがひろがり、

ますます喜びとしあわせがあふれ、

ますます愛がいっぱいの未來がやってくることを心から樂しみにいたしております。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

さくら咲く丸池にて

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

丸池の芝櫻がきれいに咲いておりました。

いつも美しい湧水町の丸池。

珍しく丸池にゴミのようなものが落ちていると思いましたが、よくみると櫻の花びらでした。

 

水に浮かぶ櫻の花びら。

この時期にしかみれない貴重な体験でした。

 

湧水町にお住まいで、小さい頃からここの丸池で遊んでいらっしゃったというお友だちに、

先ほど、ここのエピソードをうかがいました。

この写真に丸池の歩道が写っていますが、昔はこの辺りは土手だったそうです。

その頃は、今よりも整備されていなかったので、もっと自然が殘っていたのかもしれません。

今では見られなくなった小さなエビも、その頃はいたそうです。

わたしは昔の丸池は全然知らないので、

今でも十分美しい丸池と思っておりましたが、土手のある丸池の景色も、とても美しかったことでしょうね。

 

ご緣あって、毎週のように妻と湧水町に來ているのですが、

湧水町は本当に素晴らしいところです。

わたしは大好きです。

湧水町の大自然、きれいな空氣、丸池の天然水、湧水町の食べ物、そして湧水町の人さまに元氣をいただいています。

 

だいぶ暖かくなってきましたので、久しぶりに湧水町でスケッチをしました。

場所は栗野駅です。

わたくしの最近のスケッチのスタイル、

水彩絵の具と万年筆を使って、スケッチブックに書きました。

使用したお水は、汲みたての丸池の湧水です。

汲みたての天然水を使ってスケッチさせていただけること。

ありがたきしあわせです。

 

作品はこちらです。

 

いつものように、まず栗野岳の輪郭を万年筆を使って書きました。

いつもならここで栗野岳に色を塗るパターンなのですが、

今日は青空が美しかったので、

先に青空の色を塗り、

次に栗野岳の色を塗り、

最後に万年筆を使って、

 

🌸🌸🌸🌸🌸🌸

櫻サク 丸池ニ

栗野駅デ

栗野岳ヲ 眺メル

🌸🌸🌸🌸🌸🌸

 

と書きました。

丸池の湧水の波動というか、エネルギーというか、そういう空氣感のようなものを、この絵に感じとっていただければうれしいです。

絵に関して、わたしは建物や乗り物など人工物を描くのが苦手なので、

いつも山やお花、お野菜など自然のものを描くことが多いです。

わたしは小学生のとき、年に一囘開催されていたスケッチ大会が大好きでした。

今でもスケッチが大好きな自分がいます。

小学生の時は音樂も大好きでしたし、絵を描くこと、そして書を書くことも大好きでした。

今年は45歳になります。

妻と姶良市に暮らし、

おかげさまで、今でも、こうして元氣に、大好きなことをさせていただけている人生が、

うれしい、樂しい、しあわせです。

 
 

【テツロウハナサカへのご連絡】

書のご依頼やライブ出演のご依頼、

また妻、華榮千夏さんの『カバラ數秘術』のご予約など、

まず、

🌸パソコン携帯兼用メール

tetsurock358@me.com

🌸facebookメッセンジャー

テツロウハナサカ

🌸LINE

LINEのID 《tetsurock358》

でご連絡いただく方法、

または、

お客樣と直接お逢いして、詳細の打ち合わせ等、

姶良市にある梅山ギャラクシーをご利用いただけます。

梅山ギャラクシーをご利用いただく場合は、ご予約でお願いしておりますので、事前のご連絡をどうぞよろしくお願いいたします。

facebookやLINEのお友だち申請は、「ブログを讀んだ」とメッセージを添えていただいて、お氣軽に申請してくださいませ。

facebookやtwitter、インスタグラムも『テツロウハナサカ』で利用させていただいております。

 
 

【テツロウハナサカの今後の予定】

いよいよ來週の2019年4月14日(日)は、

吹上永吉『蓑笠市2019』に書道出店とライブ出演いたします。

 

再来週の2019年4月21日(日)は、

『アースデイかごしま2019』にライブ出演いたします。

よろしければ遊びにいらしてください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

梅山ギャラクシー
〒899-5651
鹿児島県姶良市脇元1819番地2
《携帯電話》09074494635
《メール》tetsurock358@me.com

 
 

いつもブログを讀んでくださっているみなさま、

facebookやインスタグラムでいいね!をしてくださっているみなさま、いつもありがとうございます。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

お釈迦さまのお誕生日に想う

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日はお釈迦さまのお誕生日。

お釈迦さまを想うと、わたしの心は安らかになります。

子どもの頃、いっしょによく遊んだいとこ(忠っさん)もお釈迦さまと同じ、今日がお誕生日でした。

 

氣持ちよく晴れてさわやかな朝、一人畑に立ちました。

自然に身をゆだねながらの畑仕事は、本当に素晴らしいです。

神に仕えるお仕事って想えた日でした。

 

畑の近くから撮影した櫻島。

畑仕事をして汗を流し、一息ついて、この景色に元氣をいただいています。

 

わたしはターシャ・テューダーの生き方に影響を受けています。

アメリカのバーモント州で自給自足の暮らしをされながら、絵本画家として活躍され、『ライフ・イズ・ビーティフル』というお言葉がぴったりの人生を歩まれた方です。

ターシャ・テューダーの本に書いていたこのお言葉。

 

🌸🌸🌸🌸🌸🌸

日々の喜び、わくわくするような小さな成果の積み重ね、家族や友人との心温まる交流。。。それこそが、人生という航海で出会う冒険の數々だったということに氣づいたのです。

身の回りのちょっとした出来事の中にある大きな喜びに目を向けてみると、人生ってすごい冒険だと、思わずにはいられません。

ターシャ・テューダー

🌸🌸🌸🌸🌸🌸

 

畑仕事はまさに、

『日々の喜び。わくわくするような小さな成果の積み重ね』

です。

2002年に素晴らしいお導きがあり、大きな感銘を受けて、頴娃町で一人、鍬一本から始めた農ある暮らし。

いろんなことがあり、

あれから17年ほどが経ちました。

2011年に結婚をし、住む場所も変わり、人生は変化していきますが、今でもわたしは農ある暮らしを愛しています。

 

今年は、妻が庭に植えたチューリップが見事に咲いています。

お釈迦さまといえばハス。

チューリップはハスのように大きなお花を咲かせるのだなと、あらためて想いました。

ハスもチューリップも、わたしをしあわせな氣持ちにしてくださいます。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

喜びの日々2019

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日は、国分で購入したピーマンの苗を梅山ギャラクシーの小さな畑に植え付けました。

子どものときは苦手だったピーマン。

今ではピーマンが大好きになりました。

自分で育てたピーマンはおいしいし、

1株で、だいたいですが、100個ほど収穫したこともある経験が、

わたしを、ますますピーマン大好きにしていただきました。

2017年は人生で一番の収穫で、感動したことをよく覺えています。

初夏の頃から冬の頃まで、長期閒に渡って収穫できることも、ピーマンを育てることの樂しさと喜びです。

過去にこんな記事も書いていました。

 

豐かなピーマン
http://wp.me/p4j741-3MS

ピーマンが豐作
http://wp.me/p4j741-3PE

 

わたしは、ピーマンを育てることが毎年樂しみになっております。

今年もピーマンの成長を見守りながら、喜びの日々を過ごしていこうと想います。

そして、何より宇宙一の妻といっしょに、元氣に樂しく日々をすごせていることが、わたくしの最高の喜びです。

 

いよいよ來週の2019年4月14日(日)は、

吹上永吉『蓑笠市2019』に書道出店とライブ出演いたします。

よろしければ遊びにいらしてください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

感謝状を書いた日

昨日、開催された『梅山 春の市2019』が無事終了し、

今朝は頼まれた『感謝状』書きでした。

自動車の会社の社長さんに頼まれたのですが、

会社に永く勤められた社員の方が、今月いっぱいで退職されるそうで、この社員の方に贈られる感謝状でした。

小筆を使って、心を込めて書かせていただきました。

昔、頴娃町に住んでいたときに學んだ『賞状技法士』の通信教育が今回のお仕事で役に立ちました。

先ほど、感謝状を額に入れました。

うれしい氣持ちになりました。

そして、宇宙一の妻がきれいな風呂敷に包んでくれました。

ますますうれしい氣持ちになりました。

明日、お客さまへの納品が樂しみです。

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

山櫻と剣の平

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

梅山ギャラクシーの隣には『兵主神社』があり、ここには山櫻があります。

 

今朝、參拝に行くと兵主神社の山櫻が咲き始めていました。

 

続きを読む

ギンと剣の平

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今月の3月27日(水)に開催する市の名が決まりました。

妻と話し合い、決まった名は『梅山 春の市2019』です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

梅山ギャラクシーの近くにはシンボルの山『剣の平』があります。

2016年10月1日 新月の日に、

現在暮らす『梅山』の地にお引越ししてきて、

お引越ししてきた初日に、和紙に『剣の平』の絵を描き、

『新天地』と書を入れた書画を書いたことが思い出されます。

 

今日の夕方、ギンと剣の平をいっしょに撮影することができました。

ギンの後ろに写っている山が『剣の平』です。

たまたま剣の平といっしょにギンを撮影できて、今日はツイてたなー。

 

錦江湾の方向を見つめるギン。

ギンが見つめる東の方向から、

早朝、梅山ギャラクシーに素晴らしい朝日が差し込みます。

ここは剣の平が近くにある影響で、夕日が沈むのが早いんですが、朝日がとても素晴らしい場所です。

早起きするには良いところに來たと感じています。

剣の平にある山櫻は咲き始めているようです。

梅山ギャラクシーの櫻はまだ蕾ですが、開花が樂しみです。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

GIN UMEYAMA ギン ウメヤマ

昨年の10月頃から、うちによく遊びに來るようになったオスの野良ネコ。

『ギン』と呼んでます。

ここは「梅山」という地名。

なので、フルネームでは『ギン ウメヤマ』。

こんな風に名前を付けるのが、好きなんです。

響き、大事です(笑)

 

『ギン』という名は、ここが「銀」にご緣のある場所だから。

国の史跡『白銀坂』がすぐ近くにあり、

うちのお店の名は『梅山ギャラクシー』。

「ギャラクシー」の意味は銀河。

そして『ギン』は、なんとなく銀色のネコに見えるからというのもあります。

 

昨年の10月にシロが他界し、シロと入れ替わるように、ギンが遊びに來るようになりました。

ギンが遊びに來た当初から、なんとなく不思議な感じはありました。

わたしたち夫婦とギンは、どんどん仲良しになっています。

 

昨年の春に生まれたと思われるので、多分、今一歳くらい(推定)。

ネコだけど、イヌ年生まれ(笑)。

いつも元氣で、歩き方がかわいくて、やんちゃで、毛はツヤツヤしており、若さみなぎっています。

ネコ社会もいろいろあるのか、たまにケガもしてきます。

この辺りは野良ネコが多く、ムキムキ体型のボス的な野良ネコも見かけるので、

若くて無鉄砲な性格のギンは、ボス的な野良ネコに目をつけられているのかもしれません(笑)

いろんなことに興味をしめし、本氣で走ったらすごいスピードで駆け抜けていきます。

ほんと、目にもとまらぬ早さなんです。

小ぶりで細身な体型。

オスですが、どこか中性的で、美声なんです。

『サバトラ』と呼ばれる柄みたいです。

確かに魚のサバっぽい柄です。

シロが、ギンに

「あとは頼んだよー。」

とお願いしたのかもしれないねと、

妻と笑って話ししてます。

 

ギンはほんと、かわいいです(笑)

鳴き声が美しい。

そうそう、あとすごく綺麗好きで、体のメンテナンスをよくしています。

いつもだいたい綺麗です。

わたしは、今まで一度もネコを飼ったことがないんですが、

ネコが、ここまで魅力的な生き物だとは知りませんでした。

ネコはネコの素晴らしさ、かわいさ、魅力がありますね。

今まで断然、ネコより犬派だったわたしですが、

これからネコも、犬と変わらないくらい大好きになるかもしれないなと、

ギンを見ながら、そんなことを感じています。

 

シロが他界し、さみしくなったけど、野良ネコの『ギン』は、もしかしたら、シロからの使者かもしれないし、わたしたち夫婦の救世主的な存在になりつつあります。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

元氣で歩けるありがたさ

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

わたしは歩くことが大好きです。

 

先日、大好きなバックパックに水筒やお弁当を詰め込んで、湧水町の街中を歩いている最中に見つけたお花。

春の喜び。

青空が広がり、ポカポカ陽氣で、しあわせでした。

 
 

今朝は、雨が降っておりましたが、朝の5時から始まる家庭倫理『おはよう倫理塾』重富支部の会場まで、歩いて向かいました。

実践報告をさせていただく機会をいただておりましたので、みなさまの前で10分ほどお話しをしました。

貴重な体験をさせていただきました。

朝の6時頃に会場を後にし、

歩きながら、清々しい氣持ちで帰りました。

早起きは、やっぱり素晴らしいですね。

 
 

ここのブログでも、たびたび登場している94歳のタキばあちゃん(母の母 故郷の頴娃町在住)。

先日の3月7日に、タキばあちゃんが自宅で大腿骨の骨折をしたと、母から電話が入りました。

心配しました。

急遽、南薩の病院で手術をし、そのまま鹿児島市内の病院に入院したとのことでした。

おかげさまで、手術は大成功。

回復してきていると母から聞いておりました。

お昼から、ばあちゃんに逢いに、

鹿児島市内の病院へ、妻と行ってきました。

心配したけど、ばあちゃんの顔を見てホッとしました。

テレビで相撲を観ていました。

体を少しでも動かすと痛いと言って、とても大変そうでしたが、1~2ヶ月くらいで退院できるとのことでした。

わたしが想像していたより、早く退院できると聞いて、またまたホッとしました。本当に良かった。

慣れない病院で、本当に大変だと思うけど、ばあちゃんがどんどん回復することを願っています。

「ただただ元氣に歩けるだけでも、ありがたいな。」

病院のベットで横になっているばあちゃんを見ながら、そんなことを思いました。

ばあちゃん、また故郷の頴娃町で、千夏さんといっしょにおいしいごはんを食べるがね。

 
 

日常に愛と奇跡があふれてる。

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

喜ばれる書

6時46分、近所の重富漁港から撮影した朝日。少しずつ朝日の出る時閒が早くなってきました。

先月、一本の電話が入りました。近所にお住まいの方から、書のご依頼でした。90歳近くになられるお母さまへの誕生日プレゼントで、わたしの書を贈りたいとのことでした。メールでお客さまとやりとりし、書にするお言葉をいっしょに考え、決まりました。書といっしょに絵も入れることなりました。書画の作品となります。

春の到來を感じる季節に、ありがたい書のご依頼。ご依頼いただいた近所のお客さまにも、お客さまのお母さまにも喜んでいただける作品を、心を込めて書かせていただきたいと想っています。

弥生の風

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

2019年も3月に入りました。

わたしは元氣です。

現在暮らしている「梅山」は野良ネコの多いところなのですが、昨日は妻と『ボブという名のネコ』というイギリスの映画を観ました。

ストリートミュージシャンと野良ネコとの出逢いのストーリーで、実話を元に作られた映画でした。

わたしも昔、ストリートミュージシャンをしていたことがあったので、いろいろと感動しました。

21歳のときに、初めて路上で歌った場所は東京の上野でした。

映画で登場するネコがマフラーをしており、

昨年、他界したシロも寒い時期は赤いマフラーをしていました。

 

頴娃町、鹿児島市、姶良市で14年ほどいっしょに暮らしたシロのことを思い出しました。

 

シロも大好きだった梅山ギャラクシーで今年の4月から毎月開催している市。

今月の開催は3月27日(水)

4月は24日(水)なっています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

こちらの写真は、先月の市『梅山 新春うぐいす市2019』で行われた餅つきです。

今月の市のタイトルは、これから妻と考えます。

よろしければ、遊びにいらしてください。

 

テツロウハナサカ、ライブ出演のお知らせです。

4月21日(日)に『アースデイかごしま2019』にライブ出演いたします。

開催場所は鹿児島市のテンパークです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

お昼に『あいらびゅーFM」に出演します。

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日は大好きな湧水町に行ってきました。梅山ギャラクシーの市などでお世話になっている『農うさぎファームさん』がここの湧水町で、おいしいお米やお野菜を作られています。この写真は昨年の10月に栗野岳にかかる虹を撮影したものです。

 
 

明日は『あいらびゅーFM』のラジオ番組に出演させていただきます。姶良倫理法人会が提供の番組で、お昼の12時30分から12時45分くらいまでです。今のわたしの、最新の、熱き想いをお話しさせていただきます。パーソナリティは福島恭志さんです。どうぞよろしくお願いします。樂しみです。

あいらびゅーFM
http://airafm.jp

列車の写真は、4年前の今の時期に、故郷の頴娃町にある石垣駅を撮影したものです。菜の花が咲いていますね。

子どものとき、そして学生時代、この石垣駅を利用していろんなところに行きました。

ここから、枕崎に行ったり、指宿に行ったり、鹿児島市内まで行ったり。たくさんの思い出がある駅です。

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

シロを故郷で想う

先月の1月14日、シロの誕生日の前日に、

故郷の頴娃町で、シロを偲ぶ會をしてきました。

昨年の10月3日。

シロは、現在わたしたち家族が暮らしている姶良市にて、14歳で他界し、悲しくて悲しくて、寂しくて、そしてたくさん泣きました。

そして、わたしたち家族の生活は大きく変わりました。

わたしの心も、ものの見方も大きく変わりました。

 

みんなで、シロが大好きだった石垣の浜に行き、シロを想いました。

シロが赤ちゃんのときに、生まれて初めて海を見た浜でした。

そして、シロが大好きな浜でした。

たくさんの人にお世話になり、愛されて、シロは本当にしあわせだったと想います。

シロのことをかわいがってくださったみなさま、本当にありがとうございます。

 

石垣の浜を後にし、頴娃町の水成川にある『いせえび荘』でみんなでティーなどいただきながら、シロの思い出話しなどを語り合いました。

故郷の頴娃町で、わたしを育ててくれた94歳のタキばあちゃん(母の母)も來てくれました。

わたしとちょうど50歳ちがいです。

シロが0歳で、飛行機に乗って新潟から鹿児島に來たときは、わたしが30歳頃。

ばあちゃんが80歳頃。

あれからいろんなことがあり、

ばあちゃんもわたしも歳を重ね、

今でも、こうして元氣にすごせることが本当にありがたいです。

シロは、ばあちゃんにも、たくさんかわいがってもらいました。

 

シロとの素晴らしい思い出が、故郷の頴娃町にはたくさんあり、わたしの宝です。

そして、シロとの全ての思い出が、わたしの宝です。

シロ、感謝で、いっぱいだよ。

本当にありがとう。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

新年あけましておめでとうございます2019

あけましておめでとうございます。

今年も、おかげさまで元氣に新年を迎えることができました。

 

近所の海から初日の出を撮影しました。

曇っていたので、今年は日の出を見ることができませんでしたが、朝燒けが美しかったです。

 

帰宅し、新たな氣持ちで、この日、この場のエネルギーを大切にしながら書を書きました。

 

昨年の元旦同樣、今年も『愛』と書きました。

やっぱり愛だなと想います。

 

お昼から毎年恒例、ホームレス越冬炊き出しで歌わせていただきました。

 

2013年の元旦から歌わせていただいており、今年で7年連續になりました。

 

ここは鹿児島市の照国神社の近くです。

姶良市から妻もいっしょに參加いたしました。

歌い終えて、ホームレスの方々といっしょにお雑煮などおいしくいただきました。

 

元旦から、友だちといっしょに歌を歌えることが、しあわせです。

 

2019年もみなさまにとって素晴らしい年になりますように。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

 

 

海から拾い上げられた一枚の絵

バックパックに、お弁当とスケッチの道具を詰め込み、

鹿児島市内へ向かった。

青空が広がり、さわやかな天氣だ。

見事な櫻島だ。

櫻島を描こう。

 

ドルフィンポートで撮影。

 

櫻島は、今まで何囘も描いてきたけど、

まったく同じ条件になることのない、

一期一会のスケッチが大好きだ。

自然、海や山を描くことは特に好きだ。

 

水彩絵の具と、えんぴつと、万年筆を使って櫻島と錦江湾をスケッチ。

 

絵を描き終え、

道具を片付けていると、

サーッと強い風が吹いた。

 

日陰があったので、海際から20mくらい離れたところにいたのだが、

描いたばかりの一枚の絵は、風に吹かれて海の方に向かって飛んでいった。

 

海の方へ、絵を追いかける。

 

海面を見ると、絵は海の中に落ちていた。

 

『残念だったな。でも仕方ない。』

と諦めかけたその時、

近くで釣りをしていたおじさんが、

『絵が落ちたか!』

と言って、

樂しんでいたはずの魚釣りを中断し、

海に落ちた、わたしの絵を釣り上げることを始めた。

正確にいうと、釣り上げるというより、釣り竿の先の方を海の中に突っ込み、

糸に絵を引っ掛けて、釣り上げようとしていた。

 

おじさんは

『今日はタモ(網)は持ってきていない。』

と言いながら、

何囘も挑戦するが、なかなか引っかからない。

難しそうだ。

タモがあれば簡単だっただろう。

 

わたしは、3囘ほど

『もういいですよ。』

とおじさんに声をかけたのだが、

おじさんは返事をすることもなく、少しも休むことなく、作業を續けた。

 

そして、表面に浮かんでいた絵が、海の中に沈み始めたとき、

見事、釣り竿と糸の閒に絵が引っかかり、

魚を釣り上げる要領で、どーんと陸に絵を釣り上げた。

 

ここは鹿児島!

魚ではなく、一枚の絵!

 

おじさんは魚を釣り上げたかのように、喜んだ。

わたしも、もちろん喜んだ。

絵は不思議と破けていない。

すごい。

これは奇跡だ。

 

わたしは、申し訳ない氣持ちと同時に、うれしい、ありがたい氣持ちが湧き上がり、

おじさんに心から

『ありがとうございます!』

とお礼を言った。

おじさん、ありがとう。

 

それから、何事もなかったかのように、

淡々と釣りを續けるおじさんを撮影。

 

おじさん、本当にありがとう。

櫻島が本当に美しい。

 

海風が吹き、晴れていたので、

海水でびっしょり濡れた絵は、短い時閒で乾いた。

 

海から釣り上げられたこの絵を見ながら、

これは一生忘れられない絵になったと想った。

 

釣り人のおじさんは、自分の釣り竿が痛んだり、壊れるかもしれないリスクを負ってでも、

見知らぬわたしの絵を、こうして海から拾い上げてくれた。

わたしも昔は釣りに夢中になっていたことがあるので、わたしなりに釣り人の氣持ちはわかっているつもりだ。

釣り竿の先は細くて折れやすく、釣りの最中に何度も釣り竿の先を折った経験がある。

なので、おじさんのマイ竿でアタックしてくれた、おじさんの優しさが身にしみた。

 

帰り際、少し離れたところにいた、他の釣り人のおじさんが、

絵は大丈夫だったかと話しかけられた。

 

『大丈夫でした。』

とわたしは返事をした。

 

『今日は、ここ最近でも、特に櫻島がきれいな日だよ。」

体の大きなおじさんは、そう言った。

 

海水に浸かった絵。

海水でにじんだ日付とわたしの署名。

おじさんが海から拾い上げてくれた、この絵のすべてが愛おしい。

風が吹いたこと、絵が濡れたこと、

すべてがツイている。

今はそう想える。

 

自然と、釣り人のおじさんと、わたしのコラボで生まれた、一枚の絵。

自然とのコラボ。

それは書の醍醐味にも似た素晴らしさ。

 

海に落ちた絵を、どう捉えるのか。

不幸と想える出來事をどう捉えるのか。

自分の、ものの見方次第で、

すべてが変化し、

自分の、ものの見方次第で、

すべてを良し!と捉えることができる。

そして釣り人のおじさん。

本当にありがとう。

おじさんの優しさに感動しました。

そして、

おかげさまで、人の素晴らしさをあらためて感じることのできた日になりました。

シロも空で見ていたのかな。

 

この世には愛があふれている。

感謝いっぱいで生きていく。

すべてに感謝。

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

栗野岳をスケッチ。そしてシロを想う。

今日は大好きな湧水町に來ています。晴れて氣持ちの良い天氣だったということもあり、スケッチブックを持參して、久しぶりにスケッチを樂しみました。

近くにあった、丸池の湧水を使って『栗野岳』を描きました。

わたしは万年筆を使って、輪郭や自分の名前を書くスタイルが、自然と好きになりました。万年筆を使うことも大好きなんです。

スケッチはとにかく、描いているプロセスが樂しい。その場の波動、エネルギー、自然、爽やかな風を感じながら。。。

夢中になる。時閒を忘れるとはこのことなんだと想う。

シロが旅立って6日。シロがいなくなって寂しい。本当に寂しい。でも、生きていくんだ。千夏さんといっしょに生きていくんだ。

2018年10月3日の朝にシロが旅立ち、そして、わたしの心は大きく変化したように想います。かっこよくいえば、覚醒したのかもしれない。

今ここ。これでいいのだ。オールOK。

人も動物もただ生きているだけで、素晴らしいんだ。心からそう想っています。

ありがとうございます。

姶良倫理法人会モーニングセミナーの講話を終えて

朝の6時から始まる姶良倫理法人會モーニングセミナーで講話をさせていただきました。6時15分頃から6時55分頃までの約40分の講話でした。愛するギターと共に參加させていただいたのですが、結局、演奏は1曲になりました。2〜3曲歌わせていただこうと準備はしていたのですが、トークが思ったより長くなってしまったのでした。この経験を次に活かしたいと想います。

今日は偶然にも妻の誕生日でした。妻も今朝の講話に応援に來てくれてうれしかったです。倫理では『夫婦道』というお言葉があり、わたしはこのお言葉を大切にしています。

ジョイフルでの朝食會に參加させていただいた後、お昼前には、友人の安部直人さんがシーカヤックに乗ってうちに遊びに來てくださいました。添付したお写真の方が安部さんです。
安部さんのfacebookはこちら

海はやっぱりいいな。

講話を終えて、わたしの心は晴れ晴れとしています。明日からまた、新しい一日が始まります。