赤いリズムの竜2020

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日は宇宙一の妻のマヤ暦での銀河のお誕生日でした。

KIN201

『赤いリズムの竜』の日

です。  

 

今朝『赤いリズムの竜』を書にしようと思い立ちました。

半紙に、まず大きく『龍』と書き、右に『Kin201 赤いリズムの竜』と書き、左手には龍体文字で『りゅう』と書きました。

 

こちらが1枚目に書いたものです。

 

 

もう一枚書きました。

 

こちらが2枚目に書いたものです。

 

妻にこの二枚の書を見ていただいたのですが、

『一枚目が飛び立っている龍、二枚目は池のほとりでじっとしている感じ。』

といった感じの感想をわたしに伝えてくださいました。

わたしは、

『なるほど。』

と想いました。

 

妻の感想をふまえると、一枚目が『陽』的なエネルギーの龍の書、二枚目が『陰』的なエネルギーの龍の書といったところでしょうか。

 

これからの時代は、陰陽統合が大切になってくると想っていますが、結果的に2枚の『龍』を書くことになったのも、そんなわたしの想いが引き寄せたのかもしれません。

 

わたしは龍が大好きです。

そして、子どもの頃に大好きだったドラゴンボール。

わたしが初めて龍を身近に感じた物語がドラゴンボールだったような氣がいたします。  

ドラゴンボールに出てる神龍は、どんな願いを叶えてくれる存在でしたね。

 

光の生き方、明るい生き方を望むすべての人はだれでも『自分が思い描けることの、願いや望みは、すべて叶えられることができる世界に來た(パラレルワールド)』、『自分が想像できることはすべて実現できる世界に來た(パラレルワールド)』ということを信じて生きていきたいと想います。

 

みなさんの人生がますます明るく豐かになりますように。

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

みんながしあわせになるブログ

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

みんながしあわせになる。  

なんて素敵な言葉の響きだろうと想います。

理屈を超えて、この言葉を心の中で唱えると、わたしはとてもしあわせな氣持ちになります。

 

みんながしあわせになる。

みんなでしあわせになる。

 

最高ですね。

この言葉に出逢ったのは、あらためて讀み返した『みんなが幸せになるホ・オポノポノ』という本のタイトルからです。

 

昨日、ホ・オポノポノについてここのブログで書かせていただいたのですが、あらためてこの本を手にして、本のタイトルを見て、『みんなが幸せになる』というところに感動いたしました。

これからブログを書いていく上で、常に自分自身をクリーニングして、ゼロに戻し、執着を手放し、自分のための利益を考えないようにしていきたいです。

『みんなのために一番いい記事を書く』

忘れないようにしたいです。

ハナサカブログが『みんながしあわせになるブログ』になることを願っております。

 

本日、添付させていただいたお写真は左の本が2008年初版の『みんなが幸せになるホ・オポノポノ』です。

右の本が2011年初版の『ホ・オポノポノライフ』です。

 

ますますみんながしあわせになる書を書き、ますますみんながしあわせになる歌も歌っていきたいです。

そして、なにより『みんながしあわせになるテツロウハナサカ』になれるよう、生きていきたいです。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

人生をインスピレーションでクリエイトする

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

この地球で生きていると奇跡、ミラクルが起きます。

日々、生きていること自体が奇跡ともいえると思いますが、たまにはびっくりするような偶然、奇跡が起きることもありますね。

 

昨日のブログで、妻との出逢いのことを書かせていただきました。

10年ほど前のことですが、妻と初めて出逢う少し前に、こんな偶然、奇跡がありました。

 

わたしは当時、故郷の穎娃町にて、一人暮らしをしておりました。

鹿児島市内にて、妻と初めての出逢いをいただく数ヶ月ほど前だったかもしれませんが、穎娃町の喫茶店『くろんぼ』の近くにある番所鼻自然公園で、妻のお父さんの弟さんにあたる満(みつる)さんの免許証が公園内の地面に落ちているのを偶然見つけて、くろんぼに届けたことがあったんです。

不思議な出來事でした。

 

他にもあります。

うちの母は現在、鹿児島市内に住んでおりますが、妻と出逢ったときから妻のご両親とうちの母は偶然、1kmほどしか離れていない、ご近所さんだったのです。

うちの母も、妻のお父さんも穎娃町の、しかも同じ「別府地区」出身なので、共通のお知り合いがたくさんいたようでした。

添付させていただいた写真は、うちの母と、妻のご両親の住まいの閒を繋いでくださっている橋の上から撮影いたしました。

本日の夕方に、鹿児島中央駅の方を撮影したものです。

シロとも、たくさんこの橋をいっしょに渡った思い出があります。

 

いろんな偶然や奇跡、ミラクルが起き、妻と出逢い、2011年に結婚をして、今の、愛のあふれる、しあわせな日々がありますが、最近はその偶然、奇跡といえるような出來事も、今では自分自身が創り出していると想えるようになりました。

すべては自分が作り出している。

そう想っています。

今までの人生、どちらかといえば受け身的な、流れにおまかせするような生き方だったように想いますが、これからは、自分の人生、テツロウハナサカの人生を、自分自身がどう切り開き、どう創りあげていこうか、どうクリエイトしていこうかと、そんなことを想っています。

そう想うと、なんだかとてもワクワクするわたしがいます。

そして、自分自身をいかに信じきることができるかが、本当に大切な要素だと想います。

 

最後に、人生をクリエイトするうえで大切なことは、一瞬一瞬日々の選択を、自分自身の直観、インスピレーションで選び取っていくことだと想っています。

その直観、インスピレーションを得る最高のツールが、古代よりハワイに伝わる伝統的な問題解決のメソッドでハワイの叡智『ホ・オポノポノ』だとわたしは信じています。

ホ・オポノポノに関する本もいろいろ出版されていますね。

 

ホ・オポノポノのやり方はとても簡単で、シンプルです。

 

ありがとう

ごめんなさい

許してください

愛しています

 

この4つのお言葉をつぶやくだけです。

日々の実践ですね。

 

これからますます樂しみです。

感謝いっぱい。

ありがとうございます。