竜とそばかすの姫

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

公開初日に、近所の映画館シネマサンシャイン姶良で『竜とそばかすの姫』を観てきました。

この映画、公開される日をとても樂しみにしていました。

こんなにも一つの映画を「樂しみに待つ」ということは、普段あまりなくて、

それだけわたしが、細田守監督の映画に対する大きな期待があったのだと、今思います。

細田守監督の映画を最初に知った経由についてですが、

妻が、2009年に公開された細田守監督の映画『サマーウォーズ』が大好きで、だいぶまえにオススメされたんです。

当時、わたしは、あまり興味が湧かなくて、そのままだったのですが、

妻もまだ観ていなかった2015年作品の『バケモノの子』をDVDでレンタルして、姶良市の自宅でいっしょに観ることになりました。

近所のレンタルショップにあった『バケモノの子』がなんとなく氣になり、

わたしが借りてきた記憶があります。

 

そして、結果はというと最高におもしろかったんです。

感動しました。

 

この映画の影響で、短い期間に近所のレンタルショップにある細田守監督の作品は全部観ました。

2006年作品の『時をかける少女』以降全部です。

 

2018年作品の『未来のミライ』。

こちらは2017年にできたばかりの地元の映画館「シネマサンシャイン姶良」で観ることができたということもあり、思い出深いです。

 

ちなみに「シネマサンシャイン姶良」で初めてみた映画は『ラ・ラ・ランド』でした。

 

そして『未来のミライ』から約3年。

待ちに待った『竜とそばかすの姫』。

 

昨日、公開されたばかりの映画ですので、内容は書きませんが、感想はズバリ、最高でした。

感動しました。

感動して、上映中に何回か涙がこぼれました。

そして、

今までの細田守監督の作品で一番好きな映画になりました。

映画館で上映されているうちに、また映画館で観たいと想っているくらいです。

 

ちなみに、昨日は一人で観に行ったので妻はまだ『竜とそばかすの姫』を観ていないんですが、

細田守監督の映画の存在を最初に薦めてくれた妻が、

『竜とそばかすの姫』について、妻がわたしにどんな感想を聞かせてくれるのか、樂しみです。

 

今、このブログを書きながら氣づいたんですが、

妻といっしょに映画の樂しさ、素晴らしさ、喜びを確実に共有できる作品だからこそ、

今回、ますますわたしの喜びの、宝の映画になったのだと想いました。

 

おかげさまで、テツロウハナサカのオススメ映画がまた一つ増えました。

 

わたしの一生の宝の思い出になった映画『竜とそばかすの姫』。

 

このブログを讀んでくださっているみなさん。

ぜひ、映画館に足を運んでいただき、

そしてそこで一期一会、たまたまいっしになられた、この地球のみなさまたちと、

同じ映画館という空間で、

そして大画面で、

『竜とそばかすの姫』を観ていただき、

喜びと感動を共にし、

わたしと同じように『竜とそばかすの姫』という映画が、

みなさまの、一生の宝の思い出になってくださればうれしいです。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

映画とのご緣

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今朝の櫻島。朝日が美しかったです。

 

梅山ギャラクシーの櫻。そろそろ咲く頃になって來ました。樂しみです。

 

妻が育てているチューリップが大きくなってきました。ちなみにわたしはチューリップが大好きです。

 

今日は映画について書きます。

2014年に姶良市に移住してから『映画』とのご緣が深まっていることを感じています。

元々、わたしは昔から映画より音樂好きだったんです。

子どもの頃から映画も好きだったんですが、『大好きだ』という感覚は無く、普通に好きといった感じでした。

これまでの人生、映画より、断然書や音樂に多くの時閒とエネルギーを使ってきました。

 

映画とのご緣が深まっているエピソードを書き出してみます。

まず、妻がわたしより映画好きです。

ありがたいことに、姶良市にあるイオンタウン姶良に映画館ができました。

そして、最近気付いたことは。。。

映画は『銀幕』と呼ばれるということ。

2016年に同じ姶良市の『平松』から『梅山』地区にお引越ししたのですが、ここ梅山は『銀』というキーワードにご緣のある場所なんです。

近くには国の史跡『白銀坂』があり、ここのお店の名は『梅山ギャラクシー』。

ギャラクシーとは『銀河』。

オスの頭が『銀色』の小鳥『ジョウビタキ』が時期になると近所に遊びに來てくれる。

 

今日も遊びに來てくれた野良ネコの『ギン』。

昨年からよく遊びに來ます。

 

ということで、映画がわたしの大きな樂しみの一つとなっています。

最近はイオンタウン姶良で『メリー・ポピンズ リターンズ』を妻といっしょに観ました。

子どもの時に観た『スタンド・バイ・ミー』が昔から、そして今でも、最高に好きな映画で、この映画に出演している『リバー・フェニックス』は昔から大好きな俳優さんです。

 

近所の映画館をはじめ、世界中の映画館、そして自宅で、

これから、どんな素敵な、素晴らしい映画に出逢えるだろう。

ワクワクします。

今、わたしは映画が『大好き』です。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

最高だった映画『グレイテスト・ショーマン』

今日は妻と映画『グレイテスト・ショーマン』を観てきました。

朝の9時30分からの上映で、場所はいつものように、近所の『姶良シネマサンシャイン』です。

この映画のキャッチコピーが『ラ・ラ・ランドの製作チームが贈る』だったので、てっきり同じ監督と思い込んで観てきたんですが、

帰宅してweb上で『グレイテスト・ショーマン』について調べたところ、監督も、製作総指揮も、脚本も、キャストも、劇中歌を作曲した人も違っていたとということが判明。

web上では、『劇中歌の作詞を作ったのが、同じ人だった』と書かれていました。

昨年観た『ラ・ラ・ランド』は素晴らしい映画だったし、同じミュージカル映画だということもあり、どこかで『ラ・ラ・ランド』を意識して映画館に入ったのですが、

観ている閒はそんなことも忘れて『グレイテスト・ショーマン』の世界に引き込まれていました。

結果、とても感動して、

人生で観た映画の中で、一番感動の涙が出た映画となりました。

數えていないのでハッキリは覺えていませんが3~5囘くらい、感動で涙が出たような氣がします。

ありがたいことに、今の自分にフィットする事柄も多かったのだと想います。

出演者も誰も知らない、監督も知らない、どこの國の映画かもしらないという状態で観た映画でしたが、最高に樂しかったです。

俳優さん、女優さん、子役、

誰一人、知っている人はいなかったけど、キャスティングがとても良かったと想います。

テンポも、劇中歌も良かったです。

とても素晴らしい映画でした。

ありがとうございます。