この地球で母とのお別れ

2022年4月6日の朝、母 中村多津子が他界いたしました。

73歳でした。

本当に急なことでした。

母は鹿児島市内で一人暮らしをしていたのですが、2022年4月6日の朝、妹たちが逢う約束をしていたそうなのですが、連絡しても繋がらず、

母の自宅に義弟が駆けつけたときは、すでに息を引き取っていたとのことでした。

母が亡くなった朝、わたしは母とLINEでやりとりをしていました。

わたしとのLINEとのやりとりを終えた30分後くらいに息を引き取ったようです。

亡くなった原因は大動脈解離でこの病気は症状が一瞬のうちに起こるため、病院にたどり着く前に50%の人が亡くなると言われているそうです。

わたしの敬愛するシンガーソングライターの大滝詠一さんも同じような症状で他界されたようです。

母が他界し、1週間ほど経ち、ようやくこうしてみなさまにブログでお知らせできる力が湧いてきました。

ありがたいです。

最後の母のLINEのやりとりでは、こんな文章が殘されています。

『73年閒生きてきて、振り返れば、思い当たること、たくさんたくさんあります。

これからに、生かしていきたいと思っています。』

愛する母。

優しい母。

無償の愛で、わたしを本当に愛してくれていた母。

本当にさみしいですが、

母が殘してくれた、たくさんのたくさんの愛を受け継ぎ、

この地球で、ますます愛と喜びとしあわせを広げて生きていきます。

母 中村多津子は鹿児島県南九州市頴娃町の石垣で『平和旅館』という名の旅館を営んでいた両親の元で育ち、大学を卒業してすぐに小学校の教員として働き始め、結婚して、長男のわたしが生まれ、弟が生まれ、妹が生まれ、3人の子どもを育て上げ、小学校の教員として天職を全ういたしました。

母が存命中は、ご緣のあられたみなさまに本当にお世話になりました。

みなさまに感謝申し上げます。

添付させていただいたお写真は、故郷の頴娃町石垣で撮影した母の父のじいちゃんと母とわたしです。

お母さん、本当にありがとう。

お母さんに、感謝いっぱいです。

ありがとうございます。

 

みんな仲良く

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

こちらのお写真はわたくしが小學生のときに、いとこの家の前で野球をして遊んでいる樣子を捉えたものです。

頴娃町という地のスケールの大きさと自由な空氣感を感じます。

ボールを投げようとしている、ピッチャーがわたし。

バッターが弟の太門。

キャッチャーぽいことをしているのが、いとこの忠っさんです。

 

このお写真をアルバムから引っ張り出し、iPhoneで撮影したのは理由がありまして、弟の太門が本日、誕生日だったからです。

わたしの2つ歳下で43歳になりました。

太門は、現在は関東で暮らしております。

 

先日、タキばあちゃん(母の母)が95歳になったことを、ここのブログに書かせていただきましたが、子どもの頃、ばあちゃんがよくいっていたことがあります。

『兄弟仲良く』

『みんな仲良く』

です。

 

ばあちゃんは、わたしが子どもの頃は『平和旅館』という旅館をじいちゃんと夫婦で営んでいました。

『平和旅館』はじいちゃんのお父さんになる「ひいじいちゃん 中村一平」が頴娃町の石垣集落に創業した旅館で、『平和旅館』の名をつけたのもひいじいちゃんだったそうです。

 

こうして振り返りますと、わたしは子どもの頃から平和旅館の『平和』をはじめ、『みんな仲良く』『調和』などのキーワードをどこかで大事にしながら生きてきたような氣がいたします。

中學生のときにロックンロールに出逢ってからヒッピー文化にも出逢い、『愛』や『平和』について歌った歌に夢中になったのも、自然な流れだったような氣がします。

 

古代よりハワイに伝わる伝統的な問題解決のメソッド『ホ・オポノポノ』がありますが、『ホ・オポノポノ』で出逢った、

平和はわたしから始まる

というお言葉が大好きです。

 

令和の時代に入り、これからますますこの地球に『愛』『平和』『調和』が広がっていくことを願っています。

みなさまにも、これからますますたくさんの愛と喜びがひろがる日々になりますように。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

ばあちゃん、94歳の誕生日

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日は、ばあちゃん(母の母)の94歳の誕生日でした。

中村タキ。1924年、大正13年5月5日生まれ。子年。鹿児島県南九州市頴娃町で94年暮らす。お菓子屋の娘として育つ。4人兄弟の長女。弟が3人。野菜作りが好き。テツロウも野菜作りが好き。パンが好き。シロもテツロウもパンが好き。

 

昨日、ばあちゃんが母といっしょに車で、

姶良市の梅山ギャラクシーに初めて來てくれました。

 

梅山ギャラクシーの入り口に來ました。

孫(テツロウハナサカ夫婦)の新しいお店。

 

14歳のシロといっしょに。

 

2002年、わたしは都会から故郷の頴娃町に帰り、

鍬一本から一人きりで畑を耕し始めました。

 

2004年には新潟から、生後3ヶ月ほどだったシロが來て、

ふたりきりで暮らし始めました。

畑仕事に夢中になっていたときです。

 

この頃は、近くに住んでいたばあちゃんには、たくさんお世話になりました。

 

2009年に鹿児島市の黎明館で妻と出逢い、

2011年に結婚しました。

 

妻も、ばあちゃんが初めて梅山ギャラクシーに來れたことを、とても喜んでいるようでした。

みんな大好きな、タキばあちゃん。

 

緣側に座るばあちゃん。

シロはばあちゃんといっしょに來た母に、エサを期待しているようでした。

 

ばあちゃん、いよいよ孫の新しいお店に初めて入店です。

 

店内をうかがう、ばあちゃん。

 

ソファーに座りました。

そして、メニューを見るばあちゃん。

 

母も來ました。

写真に写っている繪は大家さんが描かれたものです。

 

同じ子年生まれ。

長女の母は、今年70歳になります。

ばあちゃんは今日で94歳。

わたしは寅年生まれなのですが、子年生まれの人は寅年生まれを助ける関係にあるそうです。

本当にその通り、ばあちゃんにも母にもたくさん助けられてきました。

本当にありがたいです。

 

ばあちゃんは、高齢になってから疲れが出るからとの理由で、

車で遠出をすることが、無くなっていました。

 

でも最近、調子が良いのか、こうして來てくれました。

 

ばあちゃんが暮らしている頴娃町から、

姶良市の梅山ギャラクシーまで、60km以上離れているので、

來ることは無理かもしれないなと想っていましたので、

こうして、ばあちゃんが來てくれて本当にうれしかったです。

 

わたしの母は教員だったので自宅にいないことも多く、

小さい頃から、ばあちゃんにはとてもとてもお世話になってきました。

 

病気で寝込んでいる時なども、だいたいばあちゃんが看病をしてくれました。

とにかくたくさんの思い出があります。

 

妻が撮影してくれました。

 

ばあちゃんは若いころから、ずっと商賣の仕事をしてきました。

平和旅館という旅館も夫婦で営んでいたときもありました。

たくさん苦労もしたようです。

今でも息子の仕出し屋の『平和』で、弁当にごはんを詰めたり、お客樣や業者さんの対応をしたり、電話番をしたりして元氣に働いています。

 

商賣人のばあちゃん。

わたしがこうしてお店を始めたことをとても喜んでいます。

商賣人として生きてきたばあちゃんは、商賣の仕事が理解しやすいだなと、

ばあちゃんと話しをしていて想います。

 

鹿児島県姶良市の重富は梅山でお店を始めて本当に良かった。

 

わたしも94歳になっても、ばあちゃんのように元氣で働いていたいです。

妻もそうありたいと言っていました。

 

ばあちゃん、94歳の誕生日、本当におめでとう。

元氣でまだまだ長生きしてね。

いつも本当にありがとう。