アースデイかごしま2019

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今年の『アースデイかごしま』はお陰さまで、快晴になりました。

 

 

わたくしの演奏は、朝の11時頃からでした。

 

 

演奏曲はこちらです。

1. すずめ

2. 旅は續き菜の花が咲く

3. 土ある暮らし

4. キラメキハーモニー(新曲)

5. しあわせのはな

全詞・曲 テツロウハナサカ

 

『アースデイかごしま』では裸足になって、芝生の上で歌わせていただくことをいつも樂しみにしているのですが、今囘は晴天でしたので、最高に氣持ちの良い演奏になりました。

 

宇宙一の妻の弟さんの、だいさんがジャンベを叩いてくださいました。

リズムが入ると本当に樂しいです。

 

4曲目は、新曲の『キラメキハーモニー』を演奏しました。

2囘目のライブ演奏となったのですが、1囘目と2囘目はこんなにも違うんだなと想うくらい、比較的リラックスして演奏できました。

そのくらい、新曲を初披露するときは緊張感を伴うということですね。

あらためて、そのことを感じました。

 

ライブが終わってから、

『出店していて、動けなかったけど、近くに行って踊りたかった。』

というような感じで言ってくださったお友だちもいて、うれしかったです。

このお友だちは、今までのライブで一番良かったと言ってくださいました。

 

今年も『アースデイかごしま』で演奏させていただけて、ありがたかったです。

ライブ演奏を聴いてくださった、すべてのみなさまに、感謝いたします。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

オアシスの『Whatever』

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

明日はいよいよ『アースデイかごしま2019』にライブ出演です。

鹿児島市のテンパークにて、朝の11時頃からの出演です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

わたしは普段、自宅ではアンプを繋いでギターを弾くことをあまりせず、生音でギターを弾くことが多いのですが、ライブ出演の前日となると、さすがにアンプを使って当日のライブ演奏をイメージしながらギターの練習をします。

昔はエレキギターをよく弾いておりましたが、現在はエレキギターは無く、アコースティックギターのみです。

ギターの弦は1週間前に張り替えました。

最近は『ダダリオ』というメーカーのアコースティックギターの弦がお氣に入りです。

 

ところで、解散してしまいましたが、イギリスのロックバンド『オアシス』の『Whatever』という、最高に好きな曲があります。

https://youtu.be/zUADzarhFyA

 

前日、久しぶりに聴いたのですが、やっぱり最高の曲だと想いました。

元氣をいただける曲です。

ロックンロールってすごいな。

人を元氣にするのだから。

20代の頃、この曲の入ったオアシスのバンドスコアを探し出して購入し、頴娃町の虹のアトリエで一人、バンドスコアを見ながらこの曲を練習したことを覺えています。

本日、添付したお写真は昔、撮影したもので、頴娃町の虹のアトリエに出た虹です。

 

ここの2箇所の歌詞が特に好きです。

 

I’m free to be whatever I

Whatever I choose

俺は何にだってなれる

俺が望むどんなものにだって

 

You’re free to be wherever you

Wherever you please

お前はどこにだって自由に行ける

好きなところなら何処へだってな

 

誰でもなりたい自分になれる。

テツロウハナサカは、そう想っています。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

新曲の『キラメキハーモニー』を歌います。

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今朝は3時起きでした。

朝日が美しく、お日さまを眺めていると『生きる力がみなぎる』そんな感じを受け、ありがたかったです。

 

 

最近、生きているだけで本当にありがたいと思える機会が増えました。

日々、あらゆることに感謝できる対象が増えると、人生は良き方向にどんどん開けていくのだなと感じています。

ますます日々、全方向に感謝できるように生きていきたいです。

 

2019年4月21日の日曜日は『アースデイかごしま2019』で11時頃から、約30分閒のライブ出演があるのですが、今朝、ライブ演奏予定曲を5曲、決めました。

わたしのライブの定番曲『しあわせのはな』、『土ある暮らし』そして、

新曲の『キラメキハーモニー』はぜひ歌わせていただきたいと想っています。

來月から新元号の『令和』になるタイミングで、この新曲を歌わせていただける喜びを感じているからです。

新曲を作ることって大事だなとあらためて想っています。

新曲があることで、まず自分自身の氣持ちが盛り上がるんですね。

自分の中から生まれたオリジナル曲であっても、いつも同じ曲を歌っていれば、マンネリしがちです。

新曲が1曲でもあることで、エネルギーが活性化するというか、動くというか、新しいエネルギーが入ることで好転していくものなのだなとあらためて感じています。

先週、吹上町で開催された永吉『蓑笠市2019』で初めて『キラメキハーモニー』を歌わせていただきましたが、新曲を歌うことの難しさと樂しさをあらためて感じました。

ライブ終了後、正直、新曲を歌って良かったと、あまり想えなかった自分がいたのですが、今となると、新曲を歌って良かったと想えます。

どんな曲でも最初は『新曲』です。

どんな曲でも、勇氣を出して、みなさまの前で歌い始めて、

そして、ようやくみなさまに曲を覺えてもらえる可能性と、これから先、みなさまに喜んでもらえるようになる曲となっていく可能性が生まれるのだと、今囘もそんな風に感じました。

勇氣を出して踏み出すことで、新たなエネルギーと新たな展開、そして新たな喜びが生まれる。

ライブ出演を通して、いろんな氣付きをいただいております。

本日、添付したお写真は2010年に鹿児島市で開催された『生命のまつり2010』でライブ出演させていただたときのものです。

『キラメキハーモニー』をライブで歌わせていただくのは、次で2囘目となります。

新曲の『キラメキハーモニー』、どうぞよろしくお願いいたします。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。