風の谷のナウシカ

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

映画館のない鹿児島の田舎で育った、わたしの子どもの頃の樂しみのひとつは家のラジカセで樂しめる音樂、ロックンロールでした。

30歳をすぎ、わたしよりも映画が好きな妻と出逢い、結婚をして、わたしも以前より映画が好きになりました。

そして、2014年に姶良市に移住して間もなく、偶然にも姶良市のイオンに映画館ができました。

今年も残り少なくなったので、今年、地元姶良市のイオンにある映画館で観た映画を振り返りたいと思います。

 

2020年の7月8日。

畑で育てていたオクラが順調に成長していた夏の日に、大好きな『風の谷のナウシカ』を映画館で観れたことが印象に残っております。

『風の谷のナウシカ』は1984年に公開されたそうなので、当時わたしはまだ10歳の小学4年生。

田舎で育ちましたので、中学生になるまで映画館で映画を観に行ったことはありませんでした。

この『風の谷のナウシカ』を映画館で観る機会に恵まれることもなく、この映画自体を知ったのは高校生の頃だったでしょうか。

はっきり思い出せませんが、ずいぶん後のような氣がいたします。

 

今年の夏にコロナの影響で、『風の谷のナウシカ』を映画館で再上映することになったのだと思いますが、今振り返ると観に行って本当に良かったです。

今までテレビ放送やレンタルなどで何回も観た風の谷のナウシカでしたが、映画館で観るとこんなにも違うのかという驚きがありました。

まず音の違いにびっくりしました。

こんな音が鳴ってたの?とテレビの画面で観るときには全然氣付かなかった音に驚き、樂しめたことを思い出します。

大画面で観るナウシカの動きに感動し、こんな素晴らしい作品をわたしが小学生の時に生み出され、そして今まで残してくださった宮崎駿監督に、そしてその関係者のみなさまに、感謝の氣持ちが湧いたのでした。

今暮らしている地元の映画館で、わざわざ足を運んで、昔から大好きな映画を映画館で観て、そしてひとり、夕方歩いて自宅まで帰ったというエピソードすべてが、しあわせな思い出になっております。

 

今年のクリスマスの12月25日に「金曜ロードSHOW!」でちょうど『風の谷のナウシカ』が放送されるみたいですね。

今でもこうしてテレビで放送され、たくさんの人に愛され續ける風の谷のナウシカ。

素晴らしいですね。

添付させていただいた写真は映画館のあるイオンで『風の谷のナウシカ』を観終えた帰りに、イオンの店内で撮影したポスターです。

 

木々を愛で

虫と語り

風をまねく鳥の人・・・

 

この地球はもうすぐ『風の時代』の到來ですね。

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください