北海道の知床半島

アウトドアブランド『Colombia』のこの冊子が良かったです。

わたしのファーストシングル『しあわせのはな』でかぶっている麦わら帽子も實は『Colombia』のものです。

先日、北海道、オーストラリア、ニュージーランドのご縁が深いということをお友達のたえさんから教えてもらいました。

不思議なことに、北海道もオーストラリアもニュージーランドも昔から魅かれているところなんです。

まだ行ったことないところばかりなので、訪れる日が樂しみです。

自然、トレッキング、バックパッキング、野生の動物が大好きなので北海道なら知床半島にまず行けたらと想っています。

実家はスポーツ店だった

冷たい雨がシトシトと降っている。

こんな日はゆっくりとブログを書こうという氣になる。

 

久しぶりに繋がった高校時代の同級生からこんなメールが入った。

てっちゃんのブログ「Balance」、いつも見てるよ。

ほんとうれしかった。

お金を払って自分でレンタルサーバーを借り、ドメインを取得し、2013年1月17日に独学で創り上げたブログ『Balance』。

ブログ「Balance」誕生  http://tetsuronakamura.com/?p=16    2013.1.17

 

こうしてどこかでブログ読んでくださっている人たちがいるがいるんだ。

元氣が出た。

ますますブログを書いていこうと想った。

 

昨日は鹿児島市内に泊まり、お昼にお引越ししたばかりの重富の自宅に戻ってきた。

夕方、すぐ近くの重富海水浴場まで散歩しながら、和多志は「スポーツ」が大好きなんだなと改めて想った。

 

鹿児島県南九州市頴娃町別府の石垣集落で育った和多志の実家はアウトドアストアではない、一般的なスポーツ店を経営していた。

いろいろあってスポーツ店はもう無いのだけど、わたしが今世で生まれて来る時、スポーツ店を営むファミリーを自分で選んで生まれてきたんだなと改めて想った。

 

和多志は体を動かすことが大好きだ。

生きるベースとしても、毎日、ランニングを実践している。

 

Exif_JPEG_PICTURE

こちらはわたしが10年以上まえにホームセンターで初めて購入したソロ用のテント。購入した店で一番安いテントだったと想うけど、いまだ現役。GAIA CLUBというメーカー。webで検索しても出てこないような、そんなメーカーのテント。今のメインのソロテントはスノーピークのものを使用。

Exif_JPEG_PICTURE

 

和多志はアウトドア、キャンプ、ツーリング、バックパッキング、そして旅が大好きだ。

 

スポーツで好きなものとなると多いに限定される。

スポーツで競争することを一概に悪いとは想わないが、競争を中心とするスポーツにはあまり興味が無い。

自然とリアルに関わるアウトドアのスポーツが好きなのだ。

webで調べると野外スポーツという言葉もあるようだ。

 

この世は大衆をスポーツに過剰に熱中させ、大事なことから目をそらされているように感じる。

洗脳である。

テレビなどマスメディアに大いに、そして過剰に取り上げられているスポーツがそれにあたるだろう。

テレビなどマスメディアに大いに取り上げられるスポーツを否定はしないが、このようなスポーツにはすでに興味は無い。

 

今の日本では夜に電気を大量に使い、室内の明かりのもとでスポーツを行っているものがある。

そのあり方を美しいと感じない。

 

わたしが興味のあるスポーツは歩く、走る、泳ぐ、乗馬、トレッキング、ハイキング、登山、サーフィン、カヌー、シーカヤック、バックパッキングなど単独でも楽しめ、自然とリアルに関わるものだ。

そしてこのスポーツは植物や野生の動物に出逢えるものが多い。

そんなスポーツを和多志はこころから愛している。

これからも自然を慈しみながら、ますますアウトドアを中心としたスポーツを楽しんでいきたい。

自然尊重。

感謝。

 

 

夜の闇に感謝

10348792_671267269621619_5250814988165999480_o

満月の日。

焚き火で一人、ランチタイム。

昨日に引き続き、今日も晴れてさわやかな天気だった。

夜、満月の夜の下、歩きながら想った。

『夜の闇に感謝しよう。』

今まではどちらかといえば夜の闇に対して、恐れの方が強かった氣がする。

でも今日からは夜の闇に感謝しよう。

『闇』があるお陰さまで『光』があるのだ。

そして『光』があるお陰さまで『闇』があるのだ。

闇があるからこそ、夜ゆっくり休むことができる。

闇があるからこそ朝焼け、夕焼けが美しい。

『夜の闇に感謝。』

そんなことを想った夜でした。