ギターを友に

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

わたしがギターに興味を持ち始めたは、中学生のときでした。

BOOWYというロックバンドでロックンロールに目覺め、

歌を歌われていたのが、ボーカルの氷室京介さんで、

最高にかっこいい歌を歌われていました。

その横で、最高にかっこいいギターを弾かれていたのが布袋寅泰さんでした。

最初は氷室京介さんが好きになったのですが、

BOOWYのCDを繰り返し聴き、BOOWYのライブビデオを繰り返し観ているうちに、布袋寅泰さんも大好きになり、わたしも布袋寅泰さんのように、かっこいいギターを弾いてみたいと想うようになりました。

20代の頃はロックバンドを組んで活動していたときもありました。

バンドは解散し、一人で音樂活動をしていく流れになりました。

ギターのみでオリジナル曲を創り、

ギターを友に、一人で本格的に歌うようになったのが2005年の頃でした。

2005年に、自宅でオリジナル曲を1発録りでMDに吹き込み、そのMDをMDコンポで一枚一枚、手作業でダビングし、

『TETSURO 2005年4月 5曲入りオリジナルMD』と書いたシールを貼ったオリジナルMDを創り上げて、

ストリートで歌いながらこのMDを賣ったり、人にお配りしたこともありました。

わたくしが今現在、自宅に所持しているギターはタカミネというメーカーのエレアコ1本のみです。

購入したのはやはり2005年でした。

あれから14年ほど経ち、今でも同じ、タカミネのギターを友に歌わせていただいております。

 

中学生のときに出逢ったギター。

ギターとの出逢いに感謝しています。

 

添付した今日のお写真は2014年の吹上永吉『蓑笠市』にライブ出演させていただいたときのものです。

 

明日はいよいよ、

吹上永吉『蓑笠市2019』に書道出店とライブ出演いたします。

13時頃からの出演予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です