Dear challengers

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。  

 

日本経済新聞でたまたま見つけた記事(2019年5月16日付け)です。

布袋寅泰さんでした。

わたしが、ギターを始めるきっかけになったお方です。

現在はソロで活動されていらっしゃいますが、わたしが初めて布袋寅泰さんのギターを聴いたのは「BOOWY」というバンドのギタリストをされていたときのものでした。

その頃は、まだお友だちからダビングしてもらったテープで聴いていました。

お友だちから借りたBOOWYのライブビデオを観て、布袋寅泰さんのギタープレイに夢中になり、ギターを弾いてみたいと思うようになりました。

あれから30年ほど経ちました。

 

この新聞記事には、大きな『Dear challengers』という文字が入っております。

 

左の方にはこう書かれています。  

 

次の時代が、あなたの挑戦を待っている。

10代からの夢を追いかけてロンドンへ。

いまは初心に戻ってライブハウスで汗を流し 一歩一歩を積み重ねる毎日。

“LIFE IS CHALLENGE“

失敗してもいい、前に進む氣持ちを忘れないで。

(布袋寅泰)  

 

以上です。

感動しました。  

 

布袋寅泰さんのニューアルバム『GUITARHYHM VI』が2019年5月29日に発売されるようです。

ギタリズムも6作目となるんですね。

一枚目の『GUITARHYHM』を聴いたのは高校生のときだったと思いますが、今でも大好きな、思い入れのあるアルバムです。

2013年に『GUITARHYHM』について書いた記事がありました。

こちらです。

布袋寅泰さんの月の歌

布袋寅泰さんの月の歌

 

明日、故郷でライブ出演というタイミングでこの新聞記事に、そして布袋寅泰さんのお言葉に元氣と勇氣をいただきました。

ありがとうございます。

明日のライブは全力で歌わせていただきます。

樂しみです。  

 

『ばんどころ絶景祭り2019』のライブ出演は14時45分頃からとなっております。

どうぞよろしくお願いいたします。  

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。    

 

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください