ロングトレイル2

てつろうです。

いつもありがとうございます。

 

先日、ロングトレイルについて書きましたが、パート2です。

前回の記事はこちら

 

 

前回、ロングトレイルについて書かれた素晴らしい文をアウトドアメーカー『Columbia』のカタログで見つけ、転載させていただきましたが、今日は全文、転載させていただきます。

 

ロングトレイルは、山野につくられた自然の道”トレイル”を歩く。

登山のように山頂を目指すのではなく、それは、歩くことで自然を楽しむアクティビティ。

トレイルの距離は、長ければ数百キロ、数千キロにもおよぶ。

ある人は総行程を踏破するスルーハイクに挑み、ある人は一部のエリアを歩くセクションハイクを楽しむ。

自分のペースで歩くことができるのが、ロングトレイルの魅力のひとつだ。

そして何よりすばらしいのが、自然の豊かさ。

 ルートにはかつて使われていた峠道や古道が多い。

自然を大切にしてきたそれらの道の周りには、見たこともないような美しい花々や雄大な樹々など、原生に近い無垢の自然が今も残されている。

ロングトレイルを歩くこと。

それは、自然の本当の姿に出逢うこと。

古くから続く自然と人間との関わりを感じること。

ロングトレイルには、歩く者だけに許される、自然と自分だけの深い時間がある。

 

 

素晴らしいなー。

 

 

今日はこの辺で。

 

 

今日もお陰さまです。

ありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください