横断幕のお仕事

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

本日、姶良倫理法人会主催の倫理経営講演会『大転換の時代 岐路に立つ』が開催されました。

会場で使用する横断幕を、昨年に引き續き、姶良倫理法人会からのご依頼で書かせていただきました。

 

今囘は初めてホームセンターで購入した障子紙を使って書かせていただきました。

大きな書かせていただくお仕事をする場合、今までは布か模造紙を使っていたのですが、障子紙が書いやすいと確信を深めた経験を今年の初めころにいたしましたので、その経験を生かして書かせていただきました。

実践してみましたら、やっぱり書きやすかったです。

この経験を生かして、これから大きな書を書かせていただく場合は積極的に障子紙も使用していきたいと想います。

一番の理想は、素晴らしい書き味の手漉きの和紙に書かせていただくことなのですが、大きな手漉き和紙は手に入りにくいですし、お値段もそれなりにすると思います。

いつか大作で使用する紙でも、手漉き和紙に書かせていただくことを実現できたらうれしいです。

 

今囘、書かせていただいた横断幕の大きさは縦65cm、横3m96cmほどの大きさでした。

自宅の畳の部屋で書かせていただきましたが、部屋に入りきれないほどの大きさでした。

 

会場は、姶良駅近くのランドアートさんだったのですが、会場に大きく飾られた横断幕を見て、本当にうれしかったです。

ありがたいお仕事でした。

 

添付させていただいたお写真は、夕方、歩いて会場に向かう途中に撮影した青空です。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください