母の絵

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日はこどもの日ということで、わたくしが5歳のときに描いた絵をアップさせていただきました。

アルバムに挟んであったものです。

うちの母は若いころパーマをかけていましたので、髪の毛が曲線を描いております。

おそらく母の字だと思いますが、昭和55年4月の日付けが右下に入っております。

この絵を見て、

『そうだった。わたしは絵を描くことが、子どものときから大好きだったよな。』

と想いました。

小学1年生で書道を始めましたので、このときはまだ、書道の世界に出逢っていないです。

書道に出逢う前の、自分の子どもの頃の絵を見て、

『純粋に絵を描くことを樂しんでいるな。』

と想いました。

 

先日、『棟方志功展』に行き、『もっと絵を描いていこう』という氣持ちになりましたので、純粋に絵を樂しんで描いていた子どものときの絵を久しぶりに見て、なんだか勇氣と元氣をいただきました。

この絵を殘してくれた母に感謝いたします。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください