ココナッツオイルの素晴らしさ

今日はチチビスコで8回目のネオ縄文カフェが開催されました。

小野原さんのお知り合いの方からいただいた大きなカステラ。

70歳くらいの中年の男性が作られたとのことで感動しました。

 

 

最近、ココナッツオイルを愛用するようになりました。

いろんな本を讀んで、氣になったところをメモしたので、みなさんにもシェアさせていただきます。

あくまで、わたしのメモ書きです。

ご自身の判断のもと、ご參照いただけるとうれしいです。

 

ココナッツオイルについて

『ココナッツ』『ココヤシ』から生まれる

 

作り方

『低温圧搾法』

『遠心分離法』

『発酵分離法』

 

原産主要国

フィリピン

スリランカ

タイ

ベトナム

インドネシア

などの東南アジアが大部分

 

原産国により、ココナッツの生育が違うので、味や香りに、それぞれの特徴がある

ココヤシの実は繊維質の厚い殻に包まれ、その中に硬い殻に包まれた種子がある

その種子の内部の白い胚乳を搾ったのがココナッツオイル

 

一日の量の目安

大さじ3杯〜4杯くらい

45〜60ml

 

賞味期限

開封前  2年

開封後  1年以内

夏場でも常温保存で大丈夫

 

ココナッツオイルは『万能』である

『バージン』ココナッツオイルを選ぶ

『バージン』とはピュアなもの

 

ココナッツオイルに含まれる「ラウリン酸」は『母乳』に含まれている

「ラウリン酸」は母乳に含まれる成分で、まだ免疫力の無い赤ちゃんを守るために『強い抗菌力』を持っている

この作用によって、摂取すると免疫力が高まり、病氣をしにくい強いからだになる

また、優れた抗酸化力も発揮するため、体内の酸化を防ぐアンチエイジング効果も期待できる

『ラウリン酸』の含有量はココナッツオイル!

 

脳の活動をサポートする

免疫力アップ

美肌や美髪に効果的

疲労回復の助けになる

歯磨きに良い

 

ココナッツオイルを使った歯磨き粉の作り方

重曹

好みでミントなどの精油

 

ココナッツオイルで『リップクリーム』を作れる

ココナッツオイル 20g

蜜蝋 5g

ココナッツオイルで『保湿クリーム』を作れる

ココナッツオイル  50g

蜜蝋  5g

分量の変化のみ

 

人間の体には油を溜め込むメカニズムは無い

油が新しい細胞を作る助けになる

食事の3時前にいただくのが最も効果的

よい油は健康や美容に必要なものだが、余計な油は自然に排出してくださる

 

昼にいただくのがおすすめ

食後3時間後くらいにココナッツオイルのエネルギーは体内でピークに達する

室温25℃を境に形状が変わる

 

玄米に

玄米チャーハンに

パンに

パンケーキに

焼き芋に

蒸し野菜に

スープに

ドレッシングに

ジャムに

ピーナッツバターに

バターの代わりに

コーヒーに

紅茶に

ハンドクリームに

ヘアケアに

化粧品代わりに

 

ココナッツオイルは『アーユルヴェーダ』の治療に使われるオイルである

『アーユルヴェーダ』→世界で最も古い医学といわれ、5000年の歴史を持つインド地方の伝承医学

アーユルヴェーダにおいて、ココナッツ自体は身体を冷ます作用のある植物である

ただし、その中でも熟した実からのみ採れる『ココナッツオイル』は全てのドーシャを沈静化させる優れたオイルである

 

ヘアケアにとてもおすすめ

入浴前に大さじ一杯くらいのココナッツオイルを手のひらにとり、ゆっくりと手で温めて溶かしてから、頭皮のマッサージをしていく。

それから、湯船につかり、じんわり汗をかきはじめたと感じたら、洗い流す。

アーユルヴェーダにおいてオイルとは、発汗とセットで使うアイテム

オイルが皮膚から浸透し、老廃物を浮かせた上で、発汗をとおして老廃物を排出させるのが自然な流れ

ココナッツオイルを頭皮に使うと、毛根の状態も良くなり、髪の毛の質自体も変わってくる

 

ココナッツオイルは太り過ぎている人は痩せやすい体に、

痩せすぎている人は体重増加をサポートする

痩せすぎている人は必要な栄養素を吸収する力が弱いため、ココナッツオイルが吸収率を高め、健康な体へと導く

 

便秘に良い

脂質に含まれている脂肪酸は、腸のぜん動運動を活性化させてくれる

便秘になりやすい人は適量の油をいただくことを意識すると良い

腸壁にこびりついた便を油がコーティングしてくれるので、排出しやすくなる

抗菌作用がある

 

おすすめメーカー

○ココウェル

○ブラウンシュガーファースト

○ムソーオーガニック

○トレテス

○ソミプラス

○ココフィナ

○ココグローブ

○アリサン

 

道端ジュシカさん→味もおいしくて、体にもよい!

ココナッツオイルはわたしにとって、世界一の万能オイル。

日々の生活に取り入れています!

 

ココナッツオイル以外にもエゴマ油や亜麻仁油なども良い→動脈硬化に良い

新鮮なココナッツの果肉を丸ごとすりつぶして作った栄養豊富な『ココナッツバター』もある

 

ココナッツオイルの3つの秘訣

○無理せず

○難しく考えず

○長く使い続ける

 

ココナッツオイルを肌に塗ると『傷ついた組織を修復する』

ココナッツが古来から収穫され、食用として長く歴史を持つ東南アジアの国々では、ココナッツオイルは『天然の薬』として重用されてきた

免疫力を高める効果がある

 

はちみつと相性が良い

醤油と相性が良い

味噌と相性が良い

 

水と混ざらないようにする

品質劣化やカビの要因になる

 

お口の掃除にも良い

→オイルプリングと呼ばれる

『オイルプリング』の方法

朝起きて大さじ一杯のココナッツオイルを口に含む

静かに口内で動かす

15分くらいで完了

 

加熱OK

酸化しにくい

 

ココナッツオイルは元氣をくれるオイル

ココナッツオイルは料理を樂しくしてくれる

ココナッツオイルの大きな魅力は『親子でつかえること』

ココナッツオイルは素晴らしい油である

 

以上です。

ココナッツオイル、今日も愛用しました。

 

あさっては故郷の頴娃町で開催ざれるお祭りで歌います。

facebookイベントページはこちら

 

 

今日もお陰さまです。

ありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください