最高だった映画『グレイテスト・ショーマン』

今日は妻と映画『グレイテスト・ショーマン』を観てきました。

朝の9時30分からの上映で、場所はいつものように、近所の『姶良シネマサンシャイン』です。

この映画のキャッチコピーが『ラ・ラ・ランドの製作チームが贈る』だったので、てっきり同じ監督と思い込んで観てきたんですが、

帰宅してweb上で『グレイテスト・ショーマン』について調べたところ、監督も、製作総指揮も、脚本も、キャストも、劇中歌を作曲した人も違っていたとということが判明。

web上では、『劇中歌の作詞を作ったのが、同じ人だった』と書かれていました。

昨年観た『ラ・ラ・ランド』は素晴らしい映画だったし、同じミュージカル映画だということもあり、どこかで『ラ・ラ・ランド』を意識して映画館に入ったのですが、

観ている閒はそんなことも忘れて『グレイテスト・ショーマン』の世界に引き込まれていました。

結果、とても感動して、

人生で観た映画の中で、一番感動の涙が出た映画となりました。

數えていないのでハッキリは覺えていませんが3~5囘くらい、感動で涙が出たような氣がします。

ありがたいことに、今の自分にフィットする事柄も多かったのだと想います。

出演者も誰も知らない、監督も知らない、どこの國の映画かもしらないという状態で観た映画でしたが、最高に樂しかったです。

俳優さん、女優さん、子役、

誰一人、知っている人はいなかったけど、キャスティングがとても良かったと想います。

テンポも、劇中歌も良かったです。

とても素晴らしい映画でした。

ありがとうございます。

 

 

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』を観た日

妻といっしょに、本日から公開のされた『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』を観てきました。場所はシネマサンシャイン姶良。わたくしたち家族が暮らしている姶良市に、今年の4月にオープンしたばかりの新しい映画館です。ここの映画館で映画を観たのは今囘で3囘目。1囘目は『ラ・ラ・ランド』。2囘目が今月の12月1日の映画の日に観た『ブレードランナー2049』。そして本日3囘目の『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』でした。
2014年からご緣をいただいて姶良市に移住してきましたが、鹿児島市以外の、しかもわたしたち家族が暮らしている街で、こうして映画を映画館で観る日が來るとは想像もしていませんでした。自宅から自転車で行ける距離に映画館ができて、ありがたいと想っています。
わたしは、映画より断然『音樂・ロックンロール』にのめり込んだ少年時代でした。音樂・ロックンロールは今でも大好きですが、最近、映画もどんどん好きになっています。お陰樣で、素晴らしい映画に、素晴らしいタイミングで出逢えていることが大きいと想います。
写真は、映画館の入り口で映画を観終えた後に記念撮影したものです。妻がiPhoneで撮影してくれました。
本日観た映画の内容は、今囘ここのブログ記事では触れませんが、妻といっしょに映画館まで足を運び、映画を観た一日は忘れられない、良い日になりました。映画を観た後に、妻やお友達と観た映画についていろいろとお話しすることも樂しいです。
これからも素晴らしい映画に出逢えることを樂しみにしています。

 

ブレードランナー2049

今年の4月にオープンしたばかりの新しい映画館「シネマサンシャイン姶良」で、妻と『ブレードランナー2049』を観てきました。午前中の平日に映画館に入ったので、もしかしたら貸切かも、と妻と話していたのですが、映画の日ということもあってか10名ほどの方がいらっゃいました。ここの映画館で映画を観たのは今囘で2囘目です。初めて姶良の映画館で観た映画は『ラ・ラ・ランド』。今年の5月1日に、この映画も妻と観ましたが、素晴らしい映画でした。
そして今囘の『ブレードランナー2049』。偶然、どちらも主演がカナダの俳優「ライアン・ゴズリング」でした。映画の感想は、とにかくかっこいい映画でした。1982年に公開されたSF映画『ブレードランナー』の續編となる映画だったのですが、こんなにもかっこいいー!と想った映画は初めての体験でした。たぶん、わたしの心の中で生き續ける映画になるでことしょう。基本的にブレードランナーは暗い内容の映画なのですが、暗いからこそ光の部分が輝いて見えるんですね。暗ければ暗いほど、そこに光が射したとき、より明るさがより際立つ。陰陽の世界が浮かびました。
1982年に公開された「ブレードランナー」を観たのも實は最近のことで、今年の10月にDVDを借りて自宅で観ました。わたしがギターを弾くきっかけになった布袋寅泰さんが、『GUITARHYTHM active tour ’91-’92』というライブアルバムの7曲目に「ブレードランナー」の曲を演奏されていたので、映画より先に曲だけはずっと前に知っていたんです。なので、どこかで氣にはなっていた映画だったのですが、わたしにとって今のタイミングで観る映画だったのだと想います。このライブアルバムは、わたしが18歳の頃に発賣されたものでブレードランナーの曲の演奏からデヴィト・ボウイのカバー曲『スターマン』に繋がっていくんですが、ここの流れが最高なんです。この頃は布袋さんに夢中になっていました。鹿児島で行われた布袋さんのライブも、高校生のときに故郷の穎娃町から鹿児島市内まで観に行った思い出があります。
そして、このブレードランナーもスター・ウォーズも大きな影響を受けた方が、同じ鹿児島在住のイラストレーター・大寺聡さんです。
大寺さんのwebサイトはこちら
人生を変えてしまうほどの素晴らしい芸術に出逢えることは最高の喜びです。
映画とロックンロール。大好きなものが増えてうれしく想っています。