書の美しさ

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

畑で育てているトマトのお花が美しく咲いていました。

昨日、撮影したお写真になります。

 

わたくしが『農ある暮らし』を始めたのは故郷の頴娃町にて、2002年の秋、20代後半の頃でした。

同じ頃に敬愛する榊莫山先生の書に出逢いました。

読売新聞の記事に使われていた書でした。

本当に感動しました。

新聞記事の書を切り抜いて、いつもよく見えるタンスに貼りました。

あのときの素晴らしい感動は、今でもはっきりと覺えています。

この書の出逢い以降、莫山先生の本を通して、今まで知らなかった書の世界を教えていただきました。

わたくしと同じ寅年のお生まれだった榊莫山先生は2010年に他界されました。

榊莫山先生に感謝しております。

 

子どものときは『楷書体」を修練してきましたが、書は楷書体以外にも樣々な書き方、いろんな表現方法があります。

その中でも、愛のある美しい書を見るとわたしはしあわせな氣持ちになります。

先人の方々が殘してくださった美しい書は、この地球の宝物ですね。

 

書の美しさとは?

自分に問うてみます。

一般的なきれいな字、お手本的な字とは別です。

 

一言でいうと、

『自然であること』

そう想います。

だからこそ、自然に學び、自然を深く知り、自然と触れ合うことが大切なような氣がいたします。

農ある暮らしを實踐することで、日々、自然を意識し、自然と調和した暮らしになっていきます。

わたしにとって『農ある暮らし』に特別な想いがあるのも『農ある暮らし』が、書の世界に素晴らしい影響を与えてくださるからだと想います。

自分で育てた野菜をはじめ、自然の美しさを書や書画に表現することは、わたしの人生の樂しさ、喜びです。

 

今年は、今のところトマトの成長が良いので、うれしいです。

これから、畑で収穫したトマトを、妻といっしょにいただく日が樂しみです。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください