シロを故郷で想う

先月の1月14日、シロの誕生日の前日に、

故郷の頴娃町で、シロを偲ぶ會をしてきました。

昨年の10月3日。

シロは、現在わたしたち家族が暮らしている姶良市にて、14歳で他界し、悲しくて悲しくて、寂しくて、そしてたくさん泣きました。

そして、わたしたち家族の生活は大きく変わりました。

わたしの心も、ものの見方も大きく変わりました。

 

みんなで、シロが大好きだった石垣の浜に行き、シロを想いました。

シロが赤ちゃんのときに、生まれて初めて海を見た浜でした。

そして、シロが大好きな浜でした。

たくさんの人にお世話になり、愛されて、シロは本当にしあわせだったと想います。

シロのことをかわいがってくださったみなさま、本当にありがとうございます。

 

石垣の浜を後にし、頴娃町の水成川にある『いせえび荘』でみんなでティーなどいただきながら、シロの思い出話しなどを語り合いました。

故郷の頴娃町で、わたしを育ててくれた94歳のタキばあちゃん(母の母)も來てくれました。

わたしとちょうど50歳ちがいです。

シロが0歳で、飛行機に乗って新潟から鹿児島に來たときは、わたしが30歳頃。

ばあちゃんが80歳頃。

あれからいろんなことがあり、

ばあちゃんもわたしも歳を重ね、

今でも、こうして元氣にすごせることが本当にありがたいです。

シロは、ばあちゃんにも、たくさんかわいがってもらいました。

 

シロとの素晴らしい思い出が、故郷の頴娃町にはたくさんあり、わたしの宝です。

そして、シロとの全ての思い出が、わたしの宝です。

シロ、感謝で、いっぱいだよ。

本当にありがとう。

 

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください