宇宙一の食事

自給自足を意識して暮らすようになって15年以上経った。

2002年から、一人で農ある暮らしが始まった。

鍬一本の革命なのだ。

どこに所属することもなく、勤める仕事には向かず、超お金の無い暮らしで、畑を耕し、野菜を作り、自炊をして暮らした。

その頃は、無我夢中で完全なる食の自給自足を目指していたのだ。

家の前に広がる美しい畑。

書を書き、ギターで歌も創った。

『百姓』という書が生まれた。

『すずめ』という曲が生まれた。

『花と土』という書が生まれた。

『土ある暮らし』という曲も生まれた。

数年閒、頼まれて書道教室もした。

現金もやっぱり必要だから、新聞配達もした。

水道検針もした。

2004年、シロが新潟からやってきた。

2008年の『アースデイかごしま』は印象的だった。

2009年に千夏さんと黎明館で出逢い、

2011年に結婚をして、たまにコーヒーも焙煎するようになり、2年ほど前から天然酵母のパンも作るようになった。

そして、今ではどこよりも、

自宅で、宇宙一の妻、千夏さんといっしょにいただく、

すべての食事が宇宙一おいしい。

日々、食卓に並ぶ料理。

パンもコーヒーも。

玄米も雑穀米もお味噌汁もぬか漬けも。

すべて。

いつの閒にか、そうなったのだ。

余計なことに振り回されなくなったから、

自分の仕事に、より集中できるようになった。

日々の簡素な暮らし。

健康な暮らし。

生きるスタンダード。

美しい自然、そして田畑さえあれば、どこで暮らしても、樂しくしあわせに暮らせると確信している。

生きる力なのだ。

一反百姓は、しあわせの道なのだ。

自家採種して育てたオーガニックの野菜をいただき、

素材そのものの味を存分に味わう。

たくさんのおかげさま。

生かされているのだ。

そしてやっぱり愛なのだ。

これこそ最上の暮らしなのだ。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です