ばあちゃん、94歳の誕生日

テツロウハナサカです。

いつもありがとうございます。

 

今日は、ばあちゃん(母の母)の94歳の誕生日でした。

中村タキ。1924年、大正13年5月5日生まれ。子年。鹿児島県南九州市頴娃町で94年暮らす。お菓子屋の娘として育つ。4人兄弟の長女。弟が3人。野菜作りが好き。テツロウも野菜作りが好き。パンが好き。シロもテツロウもパンが好き。

 

昨日、ばあちゃんが母といっしょに車で、

姶良市の梅山ギャラクシーに初めて來てくれました。

 

梅山ギャラクシーの入り口に來ました。

孫(テツロウハナサカ夫婦)の新しいお店。

 

14歳のシロといっしょに。

 

2002年、わたしは都会から故郷の頴娃町に帰り、

鍬一本から一人きりで畑を耕し始めました。

 

2004年には新潟から、生後3ヶ月ほどだったシロが來て、

ふたりきりで暮らし始めました。

畑仕事に夢中になっていたときです。

 

この頃は、近くに住んでいたばあちゃんには、たくさんお世話になりました。

 

2009年に鹿児島市の黎明館で妻と出逢い、

2011年に結婚しました。

 

妻も、ばあちゃんが初めて梅山ギャラクシーに來れたことを、とても喜んでいるようでした。

みんな大好きな、タキばあちゃん。

 

緣側に座るばあちゃん。

シロはばあちゃんといっしょに來た母に、エサを期待しているようでした。

 

ばあちゃん、いよいよ孫の新しいお店に初めて入店です。

 

店内をうかがう、ばあちゃん。

 

ソファーに座りました。

そして、メニューを見るばあちゃん。

 

母も來ました。

写真に写っている繪は大家さんが描かれたものです。

 

同じ子年生まれ。

長女の母は、今年70歳になります。

ばあちゃんは今日で94歳。

わたしは寅年生まれなのですが、子年生まれの人は寅年生まれを助ける関係にあるそうです。

本当にその通り、ばあちゃんにも母にもたくさん助けられてきました。

本当にありがたいです。

 

ばあちゃんは、高齢になってから疲れが出るからとの理由で、

車で遠出をすることが、無くなっていました。

 

でも最近、調子が良いのか、こうして來てくれました。

 

ばあちゃんが暮らしている頴娃町から、

姶良市の梅山ギャラクシーまで、60km以上離れているので、

來ることは無理かもしれないなと想っていましたので、

こうして、ばあちゃんが來てくれて本当にうれしかったです。

 

わたしの母は教員だったので自宅にいないことも多く、

小さい頃から、ばあちゃんにはとてもとてもお世話になってきました。

 

病気で寝込んでいる時なども、だいたいばあちゃんが看病をしてくれました。

とにかくたくさんの思い出があります。

 

妻が撮影してくれました。

 

ばあちゃんは若いころから、ずっと商賣の仕事をしてきました。

平和旅館という旅館も夫婦で営んでいたときもありました。

たくさん苦労もしたようです。

今でも息子の仕出し屋の『平和』で、弁当にごはんを詰めたり、お客樣や業者さんの対応をしたり、電話番をしたりして元氣に働いています。

 

商賣人のばあちゃん。

わたしがこうしてお店を始めたことをとても喜んでいます。

商賣人として生きてきたばあちゃんは、商賣の仕事が理解しやすいだなと、

ばあちゃんと話しをしていて想います。

 

鹿児島県姶良市の重富は梅山でお店を始めて本当に良かった。

 

わたしも94歳になっても、ばあちゃんのように元氣で働いていたいです。

妻もそうありたいと言っていました。

 

ばあちゃん、94歳の誕生日、本当におめでとう。

元氣でまだまだ長生きしてね。

いつも本当にありがとう。

 

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です