チューリップを描いた立春の日

妻がチューリップを買ってきて、部屋に飾りました。

黄色い花瓶に生けられたこのチューリップは、とても美しいピンク色で、ハスのようだと想いました。

チューリップが昔から大好きなんです。

「このチューリップを描きたい」という想いが、自然に湧き上がってきたので、

本日の立春の日に現物を見ながら、描きました。

詩も入れました。

 

立春ノ日 雪ガ降ッタ

野鳥が増エテキテ

賑ヤカニナッテキタ

オ日樣ノ光ガアリガタイ

 

寒い日で、手がかじかんだけど、

「それもきっと、線の味わいになるさ」

と想っています。

その時々の自然(氣温、湿度、自分の體調など)の状態が表せるのが、書の魅力だから。

二十四節氣では、立春の前日である「節分」を大晦日、春の始まりである「立春」をお正月と考え、一年の区切りとしているそうです。

2018年の立春の日。

氣持ちを新たに、ますますうれしい、樂しい、しあわせな、素晴らしい人生にしていきたいと想います。

 

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です