愛して 身をもって 天下となす

今日は老子のお言葉を書きました。

『愛して 身をもって 天下となす』

いつものように、半紙サイズの手漉きの天然和紙に書きました。

この作品で使用した筆は1本のみです。

最近は、「少ない道具でいかに表現できるか」という表現を樂しんだりしています。

この『愛して 身をもって 天下となす』の訳をfacebookで見つけたので、ここでも紹介させていただきます。

 

愛して 身をもって 天下となす
(老子十三章)

人閒として、この世に天地自然から授かった命を、

自己を深く眞剣に、

愛して生きていければ、

なんと尊い存在であるということを知り得るであろう。

人閒は時として、自己の生命活動の素晴らしさを無感覺に過ごしてしまうことがある。

物質的に手にできる「オカネ」を熱愛してしまい、自己を愛することを忘れてしまう。

氣づいて欲しい。

自分が人閒として生まれ、

人閒として無限の創造性と、無限の可能性を實現し得る存在だということを。

 

*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

 

ここ最近、小学1、2年生の頃の感覺を思い出しています。

この頃に大好きだった『機動戰士ガンダム』最近不思議と観たくなり、

GEOでDVDをレンタルして観ました。

あの頃は、日々の生活のために必要なお金のことで心配することは無く、

未來は希望にあふれ、

無限の可能性をどこかで信じていたような氣がします。

あのときの素晴らしい感覺を思い出せたこと自體がギフトだし、

これからも、この素晴らしい感覺を持ち續けていたいです。

そして『自己を深く眞剣に、愛して生きる』ということも忘れずに生きていこうと想いました。

 

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です