ブレードランナー2049

今年の4月にオープンしたばかりの新しい映画館「シネマサンシャイン姶良」で、妻と『ブレードランナー2049』を観てきました。午前中の平日に映画館に入ったので、もしかしたら貸切かも、と妻と話していたのですが、映画の日ということもあってか10名ほどの方がいらっゃいました。ここの映画館で映画を観たのは今囘で2囘目です。初めて姶良の映画館で観た映画は『ラ・ラ・ランド』。今年の5月1日に、この映画も妻と観ましたが、素晴らしい映画でした。
そして今囘の『ブレードランナー2049』。偶然、どちらも主演がカナダの俳優「ライアン・ゴズリング」でした。映画の感想は、とにかくかっこいい映画でした。1982年に公開されたSF映画『ブレードランナー』の續編となる映画だったのですが、こんなにもかっこいいー!と想った映画は初めての体験でした。たぶん、わたしの心の中で生き續ける映画になるでことしょう。基本的にブレードランナーは暗い内容の映画なのですが、暗いからこそ光の部分が輝いて見えるんですね。暗ければ暗いほど、そこに光が射したとき、より明るさがより際立つ。陰陽の世界が浮かびました。
1982年に公開された「ブレードランナー」を観たのも實は最近のことで、今年の10月にDVDを借りて自宅で観ました。わたしがギターを弾くきっかけになった布袋寅泰さんが、『GUITARHYTHM active tour ’91-’92』というライブアルバムの7曲目に「ブレードランナー」の曲を演奏されていたので、映画より先に曲だけはずっと前に知っていたんです。なので、どこかで氣にはなっていた映画だったのですが、わたしにとって今のタイミングで観る映画だったのだと想います。このライブアルバムは、わたしが18歳の頃に発賣されたものでブレードランナーの曲の演奏からデヴィト・ボウイのカバー曲『スターマン』に繋がっていくんですが、ここの流れが最高なんです。この頃は布袋さんに夢中になっていました。鹿児島で行われた布袋さんのライブも、高校生のときに故郷の穎娃町から鹿児島市内まで観に行った思い出があります。
そして、このブレードランナーもスター・ウォーズも大きな影響を受けた方が、同じ鹿児島在住のイラストレーター・大寺聡さんです。
大寺さんのwebサイトはこちら
人生を変えてしまうほどの素晴らしい芸術に出逢えることは最高の喜びです。
映画とロックンロール。大好きなものが増えてうれしく想っています。

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です