故郷のご緣、そして今のご緣に感謝

プランターで育てているオクラです。

今朝、今年初めてのオクラの収穫をしました。

一個の貴重なオクラを、妻と二人で、分けていただきました。

姶良市は、雨が降ったり止んだりの天氣になりました。

 

今日は8月9日。

昨日のブログにも書きましたが、

妻と出逢った日です。

2009年のことでした。

場所は鹿児島市の黎明館。

後々に妻のお父さんが、わたしと同じ穎娃町の出身ということがわかったり、

妻のお父さんのお父さんが、

わたしが小學生の時に、

書道の練習などで利用していた穎娃町の『別府公民館』の館長をされていて、

お世話になっていたことが判明したりと、

樣々なありがたいご緣を感じました。

 

今日は草書體で『緣』を書きました。

自分では想像もできないほどの、

ありがたいご緣が、

わたしを豐かにしてくださっているのだと想います。

わたしたち家族が今、姶良市に住んでいるのも、ご緣です。

ご緣に感謝して、これからもますますうれしい、樂しい、しあわせな人生をおくっていきたいと想います。

 

昨日のブログに書きましたが、

個人宅用の掛軸に書かせていただいた『敬天愛人』の書。

本日、頼んでくださった方に、手渡しいたしました。

喜んでくださったようで、本当にうれしかったです。

これからも、みなさまに喜んでいただける書を書いていきたいです。

いつもありがとうございます。

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です