姶良橋と掛軸の書

今朝、自転車に乗って姶良橋に來ました。

列車が走り抜けていきました。

櫻島も見えております。

 

ここは別府川が流れています。

 

ここの姶良橋は車の通りが多いです。

奥の方に見えている橋に行ってみました。

 

古い橋で、素晴らしい雰囲氣でした。

ここの橋の名も「姶良橋」でした。

知りませんでした。

自転車を降りて、ここで橋の上を向い歩き、満喫しました。

吹き抜ける姶良の朝の風が氣持ち良かったです。

 

ここには2つのお地蔵さんがいらっしゃいました。

とても優しいお顔でした。

顔を拝見していると、うれしい氣持ちになりました。

 

古い姶良橋の上から撮影です。

 

このようなマークがありました。

 

古い姶良橋を撮影しました。

ここから、左手の方も撮影しました。

 

 
 

今日は、生まれて初めて掛軸に書を書いて欲しいと頼まれました。

 

古い姶良橋から、先ほど受け取った掛軸を撮影です。

この掛軸に『敬天愛人』を書いて欲しいと頼まれました。

『敬天愛人』は西郷隆盛先生の書が有名ですね。

わたしも大好きなお言葉です。

下準備をして、この掛軸に『敬天愛人』を書かせていただきます。

 
 

帰宅し、草書體で『橋』を書きました。

 
 

古い姶良橋は素晴らしい橋でした。

webで調べてみると昭和7年に完成した橋だそうです。

完成して85年ほど経ったのですね。

穎娃町で暮らす、うちのタキばあちゃんは現在93歳ですが、この橋を見て、93年も生きてきたことだけでも、ばあちゃんはすごいな、素晴らしいなとあらためて想いました。

自宅から自転車で行ける距離に、こんな素晴らしい橋があることが、うれしいです。

わたしはマヤ歴で、

kin26の、

『白い宇宙の世界の橋渡し』

の人です。

美しい橋はいいな。

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です