心の豐かさ

今日は新月で、

二十四節氣の『大暑』で、

七十二候の『桐始結花』の日でした。

 

本日書いた書です。

何本かの筆を使い分けて書きました。

 
 

プランターで育てているトマトを今年初めて収穫しました。

 

こうして写真で見るとリンゴみたいだなと想いました。

このトマトを妻といっしょにいただきましたが、最高でした。

 
 

今日はこんなことを想いました。

どんどん人生は豐かになっているなと。

それは心。

わたしの心。

物の豐かさも、もちろんうれしい。

ありがたい。

でも物は減ったり無くなったりする可能性がある。

でも、わたしの心の豐かさは、わたし自身が貧しい心にならない限り、

わたしが感謝の心を忘れない限り、

無くならない。

歳を重ねていくと、愛する人、物、こと、経験、思い出などが増えていく。

心の豐かさは、いつも自分次第で感じることができる。

自由自在だ。

健康でありがたいな。

愛する妻といっしょに、おいしいお野菜をいただけて、ありがたいな。

今日も豐かな一日でした。

感謝いっぱい。

ありがとうございます。

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です