2010年の『夏のドラゴン』

故郷の穎娃町で朝を迎えました。

開聞岳が美しかったです。

今日は海の日でした。

 

この作品は2010年7月17日、ちょうど7年前に穎娃町で書いた『夏のドラゴン』です。

当時、新聞配達をしていて、新聞を配り始める頃に印象的な龍雲が出ていました。

新聞配達を終えて、龍雲を見た感動で氣持ちが高ぶったまま、自宅に戻り、すぐにこの『夏のドラゴン』を書いたことを思い出します。

この『夏のドラゴン』とは龍雲のことなんです。

書き終えてしばらくしてから、妹の長女「ひまわり」が生まれたと、母から電話が入りました。

この書は南日本新聞の『フェリア』に掲載された書になります。

 

姶良市に戻りました。

 

今日は暑い日でした。

シロは小さな桶に入りました。

 

夕方、妻と重富海水浴場にシロと散歩に行きました。

ここのすぐ近くに2014年6月から2016年9月いっぱいまで住んでいました。

あらためて素晴らしい海水浴場だなと想いました。

 

夕食前に『海』を草書體で書きました。

海はいいな。

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です