13歳のシロについて

13歳のシロは、昨年から耳が聞こえなくなりました。

そのことに氣づいたときは悲しい氣持ちになりました。

「シロ」と呼んでも、ほとんど氣づいてくれない。

耳が聞こえないことでバランス感覺が鈍ったのか、いっしょにランニングをしているとつまずくことも増えました。

でもシロは今でも相変わらず、ひょうきんで明るくて元氣です。

当の本人(本犬)はその事実に対して全然「不幸」と捉えていない樣子。

耳が聞こえなくなった分、人にはわからない何かを以前より捉えるようになった氣がします。

そんなシロからわたしは、共に暮らした13年間いろんなことを教わりました。

幸も不幸も、過去の出来事も、今、目の前のことも、自分の見方、捉え方で変わっていくものですね。

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です