『薩摩國 天文館文化通』の書

本日、天文館の文化通りで見つけた書。

黄金色ですね。

 

の字が好きだなー。

の「くさかんむり」の2画目の、筆の打ち込みがまた好きです。

この打ち込みをすることで、筆をおろしたポイントの重量感が増しますね。

 

この書は誰が書かれたのかは存じ上げませんが、わたしが子どもの頃からお世話になった南日本書道会に所属されている、もしくは所属されていた先生の字である可能性が高いと思います。

子どもの頃からお世話になった先生の流れを感じる書、書き方で、馴染みがあります。

鹿児島で生まれ育ったわたしのルーツを思い出させてくださる書でした。

 

昨年の11月に天文館にオープンしたお店の書を書かせていただきました。

よろしければこちらのブログ記事もご覧ください。

 

『炭神樂』天文館にオープンするお店の書を書きました。 
http://wp.me/p4j741-3oh

 

『炭神樂』の書を天文館で見て來ました。
http://wp.me/p4j741-3q9

 

slooProImg_20160114132507.jpg

昨日、隼人に行ってきました。

未來は明るいです。

 

今日もお陰樣です。

感謝いっぱい。

ありがとうございます🌺✨

書家 テツロウハナサカ

a calligrapher Tetsuro Hanasaka JAPAN

 

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です