6歳から40歳まで続いていること

11043086_773106802757824_938695832654468061_n

わたしが『6歳、小学1年生から続いていること』といえば書道、書の世界になります。

今、40歳なので書の世界に出逢ってから32年ほど経ったということになります。

これだけ続いているということは、やはり『書』が大好きなのだと想います。

 

今では、『書』は当たり前のように、

いつも身近にあるので、あまり

『大好きだー!書!』

という感じではないのですが、

表現するなら

『淡々と好きである』

(笑)

といった感じです。

 

こんな「好き」という感覚だからこそ、長く続けられてきた、わたしの『好きなこと』なのかもしれないなと想いました。

 

でも素晴らしい書に出逢ったら高揚します。

 

 

さて、わたしは最近

神代文字

ヲシテ

カタカムナ文字

などに興味があります。

 

カタカムナ文字縄文時代以前、旧石器時代末期に存在したとされるそうです。

 

パートナーが働くカフェ『チチビスコ』では毎月1回程度『ネオ縄文カフェ』を開催しておりますが、

『縄文』というキーワードからも書の世界 が広がっていきそうで、ワクワクしています。

 

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です